【神奈川県】東神奈川でファミリーから上級者まで人気の釣り場「鶴見川下流」で釣れる魚や釣り方、釣り禁止情報など徹底解説!

基本情報

神奈川県横浜市の鶴見駅から歩いていくことが出来、ルアーマンにとっては攻略のし甲斐がある橋脚が非常に多い「鶴見川下流域」の釣り場を解説していきます。70cmアップのシーバスや年無しのチヌ・キビレ、大型のハゼなどが釣れます。 護岸が整備されている釣り場ですが、非常に水質が悪いことから食べる目的で釣りをする方は別のポイントに行くようにしましょう。(ハゼなどは食べることも可能です。)
ポイント名 鶴見川下流
住所 〒230-0038 神奈川県横浜市鶴見区栄町通2丁目
交通 JR京浜東北線・京急線「鶴見駅」徒歩5分
駐車場 あり
トイレ なし
コンビニ なし
飲食店 なし
釣具店 なし
ファミリー 向いている
向いているポイントとは、周辺設備+ライトなタックルで釣れる魚がいるかで判断しています。
禁止エリア 一部エリアで釣り禁止、または立入禁止



鶴見川下流で釣れる魚
ハゼ、カレイ、イシモチ、コノシロ、シーバス、マゴチ、イワシ、サッパ、コノシロ、チヌ(クロダイ)など


初心者・ファミリーフィッシング向けの解説
最下流までいけば、海からの魚が釣れるため、食べる気があればなるべく河口に近いエリアまで下りましょう。(その分駅からのアクセスは悪くなります)
上級者向けの解説
ベイトは多く、秋にはかなりのイナッコやコノシロ、イワシなども確認することが出来る。1~3月はバチ抜け+産卵後のシーバスがステイするエリアになるため大型の個体を釣るチャンス!
注目の釣り場
平潟港(平潟漁港)
大津港
人気のブログ
ショートロッダーもやし爆誕
進撃のもやし、センメイ塾卒業のお知らせ。
人気の講座
【初心者必見】PEラインを使う理由!向いている釣りを徹底解説
【東京湾奥運河のド定番】誰でも釣れるミニエントの使い方・操作マニュアル