【神奈川県】三浦半島でファミリーから上級者まで人気の釣り場「宮川港」で釣れる魚や釣り方、釣り禁止情報など徹底解説!

基本情報

三浦半島に位置する宮川港は、山間部の谷間にあり、入り江状になった釣り場です。正式には三崎漁港宮川地区と言いますが、釣り人からは「宮川港」の愛称で親しまれています。 綺麗で穏やかな漁港内での堤防釣りから、磯釣りやテトラポッドでの釣りまで出来るため、初心者から上級者まで誰でも楽しめる釣り場です。 一番人気は左堤防先端。小さな堤防のため、休日は一瞬で満員になってしまう点は注意が必要です。 右堤防はそのまま磯へと続き、磯の先端からは沖に伸びるテトラポットに入ることも出来ます。漁港内は足場が整備されているため、ファミリーフィッシング向きの釣り場になっています。
ポイント名 宮川港
住所 〒238-0231 神奈川県三浦市宮川町11
交通 電車・バス:京浜急行「三浦海岸駅」から三崎東岡方面バス「宮川町」より徒歩5分

車:横浜横須賀道路「衣笠IC」より22分
駐車場 あり
トイレ あり
コンビニ 調査中
飲食店 調査中
釣具店 調査中
ファミリー 向いている
向いているポイントとは、周辺設備+ライトなタックルで釣れる魚がいるかで判断しています。
禁止エリア 一部エリアで釣り禁止、または立入禁止



宮川港で釣れる魚
メジナ、クロダイ、ウミタナゴ、メバル、カレイ、シロギス、ハゼ、アオリイカ、タコ、マダイ、ヒラメ、オニオコゼ、アイナメ、シーバスなど


初心者・ファミリーフィッシング向けの解説
港内はとても綺麗に整備されているので小さい子供を連れてのファミリーフィッシングにおすすめです。手前は水深も浅く、小魚の姿がよく見えます。
宮川港の駐車場は有料で平日500円、休日1,000円で非常に広いです。第一駐車場と第二駐車場のどちらにも止める事ができ、更に綺麗なトイレも併設されています。
上級者向けの解説
ナイトゲームをする際は、堤防の一部にしか電灯が無い為、ヘッドライトは必須です。
水面付近ではイワシの魚影を目視することが出来、多くのフィッシュイーターのベイトになっています。ルアーで狙える魚はサバ、カサゴ、メバル、ハタ類、イカ類、タコ、タイ、ヒラメ、オニオコゼ、アイナメ、シーバスなど非常に多様です。(沖堤防が出来たため、以前よりは大型の魚が入ってこなくなりました)
注目の釣り場
平潟港(平潟漁港)
大津港
人気のブログ
ショートロッダーもやし爆誕
進撃のもやし、センメイ塾卒業のお知らせ。
人気の講座
【初心者必見】PEラインを使う理由!向いている釣りを徹底解説
【東京湾奥運河のド定番】誰でも釣れるミニエントの使い方・操作マニュアル