【神奈川県東神奈川】多摩川河口域(多摩運河合流部)(一部釣り禁止・立入禁止あり)の釣り場

基本情報

神奈川県川崎市の駅から歩いていくことが出来、加えて他の釣り場と違い自然の中で釣りが出来る場所、それが「多摩川河口域」です。 初心者やファミリーフィッシングにもピッタリなハゼから、70cmアップのシーバスや年無しのチヌ・キビレ・時にはマゴチといったルアーのターゲットも非常に豊富ですが、こちらは基本的に浅い場所が多く基本的にはウェーディングに分があるため玄人よりな釣り場です。 ウェーディングする場所は、「殿町第二公園前」か「多摩運河合流部」から入川するのがおすすめです。 河口部にはエイもいるため、しっかりエイガードなど必要な装備を整えなければ危険です。また、夜間のウェーディングは非常に危険を伴うため、可能であれば2~3人での釣行をおすすめします。
ポイント名 多摩川河口域(多摩運河合流部)
住所 〒210-0821 神奈川県川崎市川崎区殿町3丁目27
交通 京浜急行電鉄大師線「小島新田駅」から徒歩15~20分
駐車場 あり
トイレ なし
コンビニ なし
飲食店 なし
釣具店 なし
ファミリー 向いている
向いているポイントとは、周辺設備+ライトなタックルで釣れる魚がいるかで判断しています。
禁止エリア 一部エリアで釣り禁止、または立入禁止


多摩川河口域(多摩運河合流部)で釣れる魚
シーバス、チヌ、ハゼ、手長エビ、ウナギ、ボラ、コイなど


初心者・ファミリーフィッシング向けの解説
最下流までいけば、海からの魚が釣れるため、食べる気があればなるべく河口に近いエリアまで下りましょう。(その分駅からのアクセスは悪くなります)
上級者向けの解説
ベイトは多く、秋にはかなりのイナッコやコノシロ、イワシなども確認することが出来る。1~3月はバチ抜け+産卵後のシーバスがステイするエリアになるため大型の個体を釣るチャンス!
注目の釣り場
平潟港(平潟漁港)
大津港
人気のブログ
ショートロッダーもやし爆誕
進撃のもやし、センメイ塾卒業のお知らせ。
人気の講座
【初心者必見】PEラインを使う理由!向いている釣りを徹底解説
【東京湾奥運河のド定番】誰でも釣れるミニエントの使い方・操作マニュアル