【東京都】京浜運河でファミリーから上級者まで人気の釣り場「海老取川河口」で釣れる魚や釣り方、釣り禁止情報など徹底解説!

基本情報

海老取川は、東京都大田区にある羽田空港の西を流れる一級河川です。昔エビを取っていた川であることから、「海老取川」と名付けられたと言われています。最寄駅は、京浜急行電鉄または東京モノレールの「天空橋駅」です。 川は船道になっており、水深がとても深くなっています。川の西側は、工場や住宅や並ぶ東京の下町です。川沿いはきれいに整備された護岸です。シーバスやハゼの釣りポイントとして、地元の人にも知られているポイントとなっています。
ポイント名 海老取川河口
住所 〒144-0043 東京都大田区羽田6丁目11−5
交通 東京モノレール「天空橋駅」より徒歩5分
電車釣行派にもおすすめ!といいたいところですが、そもそもモノレールがそれほど都内から使いやすい訳ではないため、若干の行き辛さがあります。
駐車場 あり
トイレ あり
コンビニ あり
飲食店 調査中
釣具店 調査中
ファミリー 向いている
向いているポイントとは、周辺設備+ライトなタックルで釣れる魚がいるかで判断しています。
禁止エリア 一部エリアで釣り禁止、または立入禁止



海老取川河口で釣れる魚
ハゼ、シーバス、クロダイ、ボラ


初心者・ファミリーフィッシング向けの解説
海老取川には釣りができるポイントは複数あり、その中でも弁天橋付近が一番の人気スポットです。フェンスはないものの土手は整備され足場もよく、ファミリーフィッシングやビギナーにもおすすめの釣り場となっています。
上級者向けの解説
海老取川でのハゼ釣りは、水温が下がり始める頃からは、航路となる流心にリール竿で投げると釣りやすいようです。
注目の釣り場
平潟港(平潟漁港)
大津港
人気のブログ
ショートロッダーもやし爆誕
進撃のもやし、センメイ塾卒業のお知らせ。
人気の講座
【初心者必見】PEラインを使う理由!向いている釣りを徹底解説
【東京湾奥運河のド定番】誰でも釣れるミニエントの使い方・操作マニュアル