【千葉県東京湾】姉ヶ崎港(一部釣り禁止・立入禁止あり)の釣り場

基本情報

姉ヶ崎港は千葉県市原市の工業地帯に位置する港です。以前釣りが可能であった堤防は現在立ち入り禁止になっているため、竿が出せる場所は限られているせいか釣り人が少ない穴場的な釣り場です。 現在でも釣りが出来る場所は港の手前にあるテトラポットからのみになっています。 テトラポット周辺にはカサゴやメバルといった根魚が居ついています。他にも、椎津川の河口に位置するため水の流れを生み、港湾部にイワシが入り込むシーズンになればシーバスが良く釣れるポイントとしても知られています。 遠投すれば底は砂地になっているため、キスやハゼ、アナゴなどの底物が狙えます。
ポイント名 姉ヶ崎港
住所 〒299-0266 千葉県袖ケ浦市北袖
交通 電車・バス:JR内房線「姉ヶ崎駅」よりタクシー10分

車:東京湾アクアライン「木更津金田IC」より20分
駐車場 あり
トイレ なし
コンビニ 調査中
飲食店 調査中
釣具店 調査中
ファミリー 向かない
向いているポイントとは、周辺設備+ライトなタックルで釣れる魚がいるかで判断しています。
禁止エリア 一部エリアで釣り禁止、または立入禁止


姉ヶ崎港で釣れる魚
ハゼ、シロギス、アナゴ、メバル、クロダイ、シーバス


初心者・ファミリーフィッシング向けの解説
テトラポットからの釣りになり、トイレもありませんのでおすすめ致しません。
上級者向けの解説
ミノーかバイブレーションでのシーバス狙いか、ソフトルアーでのメバル狙いがおすすめです。
再度堤防が入れるようになれば、椎津側の流れ込み部分はシーバスが良く釣れます。
注目の釣り場
平潟港(平潟漁港)
大津港
人気のブログ
ショートロッダーもやし爆誕
進撃のもやし、センメイ塾卒業のお知らせ。
人気の講座
【初心者必見】PEラインを使う理由!向いている釣りを徹底解説
【東京湾奥運河のド定番】誰でも釣れるミニエントの使い方・操作マニュアル