【兵庫県阪神間】もっと釣りたい方は渡船の利用を!おすすめの釣り場「尼崎フェニックス」を徹底解説

淀川河口西岸にある埋立地で、地続きになっていますが渡船を利用する必要があります。渡船でしか渡れないことから、釣り場の面積に対して釣り人は少なく、チヌやハネの魚影は非常に濃いためかなり釣果に期待出来ます。

スポット情報
ポイント名
尼崎フェニックス
住所
〒660-0087 兵庫県尼崎市平左衛門町70 (地図を開く)
駐車場
あり
トイレ
なし
コンビニ
なし
飲食店
なし
釣具店
あり
ファミリー
向かない
※向いているポイントとは、周辺設備+ライトなタックルで釣れる魚がいるかで判断しています。
禁止エリア
なし
兵庫県神戸市に位置する「尼崎フェニックス」は、淀川河口の一角にある埋立地で、地続きになっていますが渡船を利用しなければならない釣り場です。渡船でしか渡れないことから、釣り場の面積に対して釣り人は少なく、チヌやハネの魚影は非常に濃いためかなり釣果に期待出来ます。

釣り場は非常に広いため、ぶっこみ釣りや団子釣りなどの移動しない釣り方よりは、手返しのいいヘチ釣りの方が圧倒的に釣果が伸びます。特にスリットにチヌが潜んでいることが多いため、丁寧に釣り歩いていくのがおすすめです。

その他おすすめの情報

久保渡船から乗船いただくのがおすすめです。予約などの詳細は久保渡船の公式HPからお願いします。 → 久保渡船の公式HP




尼崎フェニックスで釣れる魚

アジ、サバ、サッパ、イワシ、サヨリ、チヌ、シーバス(ハネ)、カレイ、アイナメなど

【アジの釣り方】
アジの代表的な釣り方は「サビキ釣り」「ルアー」「ウキ釣り」の3種類ですが、ルアー釣りが禁止になっているため、基本は「サビキ釣り」か「ウキ釣り」のどちらかになります。正直どちらでも釣れると言えば釣れますが、晩秋~冬にかけて釣れるアジは大型になるため、ウキ釣りの方がおすすめです。夏場は小型サイズが中心になるため、足元でサビキ釣りで十分数釣りを楽しむことができます。

【シーバス(ハネ)の釣り方】
シーバスの代表的な釣り方は「ルアー」「ウキ釣り(特に夜間の電気ウキ)」「エビ巻き釣り」の3種類ですが、ルアー釣りが禁止になっているため、基本は「ウキ釣り」か「エビ撒き釣り」のどちらかになります。エビ撒き釣りもウキ釣りの一種で、エビを撒きながら餌にもエビをつけるくらいが違いです。冬場など、寒くなってきた場合には魚が沈んでいることもあるため、「エサ撒きボール」と呼ばれるカゴで底までエビを落として魚を集めるやり方もあるため、試行錯誤しながら最適な釣り方を試してみましょう。

【チヌの釣り方】
チヌの代表的な釣り方は「ルアー」「ヘチ釣り(落とし込み釣り)」「エビ巻き釣り」の3種類ですが、ルアー釣りが禁止になっているため、基本は「ヘチ釣り」か「エビ撒き釣り」のどちらかになります。足元から水深がある釣り場なので、手返しの良さではヘチ釣り、土日など混雑する時間帯はエビ撒き釣りと、来場者の数に合わせ釣り方を変えるのがおすすめです。

【カレイやアイナメの釣り方】
カレイやアイナメの代表的な釣り方は「投げ釣り」ですが、「危険な投げ釣り」が禁止されているため、ちょい投げ(振りかぶって投げない)程度にしましょう。餌はアオイソメが一番ですが、苦手な方はワームなどで代用することが出来るため、そちらを使ってもいいのではないでしょうか?

【タチウオの釣り方】
タチウオの代表的な釣り方は「ルアー」「ウキ釣り(特に夜間の電気ウキ)」「投げテンヤ」の3種類がありますが、ルアーや危険な投げ釣りに該当するため、実質的には「ウキ釣り」しかありません。とは言え、シーバスも混じるため何かしらの釣果は見込めるため、是非チャレンジしてはいかがでしょうか?



初心者・ファミリーフィッシング向けの解説

渡船の利用やトイレがないため、ファミリーフィッシングにはあまり向いていません。

上級者向けの解説

チヌが有名ですが、ルアーも盛んに行われています。特に秋のハイシーズンになると、シーバスやタチウオ狙いの釣り人が増えます。

尼崎フェニックス付近の釣り場

【兵庫県阪神間】少し釣りが上達してきた方は是非チャレンジを!穴場の釣り場「尼崎西防波堤(丸島防波堤)」を徹底解説
尼崎フェニックスから約0.4km
尼崎市と西宮市の間を流れる武庫川河口に位置する尼崎西防波堤(丸島防波堤)は。エビ撒き釣りやフカセ釣りが盛んに行われている、知る人ぞ知るチヌ釣りの人気ポイントです。アクセスの関係や、あまり紹介されないこともあり、比較的空いている堤防で、釣座に困ることは少ないと言えます。
【兵庫県阪神間】ファミリーフィッシングから上級者まで楽しめる!おすすめの釣り場「尼崎市立魚つり公園」を徹底解説
尼崎フェニックスから約0.4km
兵庫県尼崎市に位置する「尼崎市立魚つり公園」は、武庫川の河口に作られた釣り場です。武庫川の河口はアジ・イワシ・サバ・サヨリ・サッパなどの回遊も多く、またそれらを狙うシーバスや青物、釣り物が少なくなる冬季に嬉しいカレイやアイナメなどの魚が釣れます。
【兵庫県阪神間】ファミリーフィッシングから上級者まで楽しめる!おすすめの釣り場「武庫川一文字」を徹底解説
尼崎フェニックスから約0.4km
武庫川河口の沖に位置する、全長4433mにもなる日本最長の防波堤。沖堤防らしく非常に潮通しが良いため、アジ・サバ・イワシなどの小型の回遊魚から、大型のハネ・タチウオ・ハマチ・メジロなどの青物も釣れます。落とし込みも釣り物が豊富で、ガシラ・メバル・アイナメ・チヌなど様々な魚種を狙うことが出来ます。
【兵庫県阪神間】武庫川河口はシーバスやチヌ・キビレの天国!ルアー釣りを楽しむなら絶対おすすめ出来る武庫川河口の釣り場4選
尼崎フェニックスから約1.2km
武庫川は尼崎市と西宮市の間を流れる河川で、その河口はシーバスやチヌ・キビレなどを狙う釣り人にとっては絶好の釣り場です。対岸までの距離は約150mほどと、ウェーディングした状態でフルキャストすれば、ほとんどのポイントを攻めることが出来るため攻略のし甲斐があります。今回はそんな武庫川河口周辺の釣り場と、攻略方法についてご紹介します。
【兵庫県阪神間】ファミリーフィッシングから上級者まで楽しめる!おすすめの釣り場「鳴尾浜臨海公園(鳴尾浜海づり広場)」を徹底解説
尼崎フェニックスから約1.7km
鳴尾浜臨海公園内の300mほどのエリアが海づり広場として整備されている。手すりが低く足場が良いためファミリーフィッシングにもおすすめで、アジ・サバ・イワシ・サヨリ・チヌ・ハネ・タチウオなどを釣ることができる。
注目の釣り場
人気のブログ
人気の講座
注目の聖地巡礼