【千葉県内房】大貫港(一部釣り禁止・立入禁止あり)の釣り場

基本情報

大貫港は千葉県・富津岬に位置しており、砂浜の中にある釣り場です。水深は全体的にやや浅いため、基本的には砂地に生息する魚種を中心に狙うことが出来ます。 釣りが出来るポイントは元々4か所ありましたが、サーフを除き基本的には立ち入り禁止・釣り禁止状態が続いています。 ・港内:現在立入禁止・釣り禁止です。(駐車場のすぐ横にある港内向きの場所から竿を出すことが出来、非常に便利なエリアでした。) ・赤灯台堤防:現在立入禁止・釣り禁止です。(岸から15m付近がカケアガリで、水深5~6m程あるメインエリアでした。) ・サーフ:水深2~3m程度の浅いサーフが続きます。こちらはまだ釣りが可能です。 ・南側の堤防:立入禁止です。 元々はキスやカレイ、イシモチなどに加え、チヌやメジナ、メバルなど幅広い釣りをすることが出来た釣り場でしたが、ルールを守って正しく釣行するようにしましょう。
ポイント名 大貫港
住所 〒293-0042 千葉県富津市小久保3089
交通 電車・バス:JR内房線「大貫駅」より徒歩21分

車:富津館山道路「富津中央IC」より11分
駐車場 あり
トイレ あり
コンビニ あり
飲食店 調査中
釣具店 あり
ファミリー 向いている
向いているポイントとは、周辺設備+ライトなタックルで釣れる魚がいるかで判断しています。
禁止エリア 一部エリアで釣り禁止、または立入禁止



大貫港で釣れる魚
アジ、イシモチ、カレイ、クロダイ、サバ、シロギス、ハゼ、マゴチ、メバルなど


初心者・ファミリーフィッシング向けの解説
トイレ、コンビニ、釣り具屋さんがそろっているので、周辺設備は非常に良好です。多種多様な魚はいるので、初心者やファミリーフィッシング目的でも十分楽しむことが出来ました。
上級者向けの解説
テトラポット帯では、フカセ釣りやヘチ釣りでクロダイ、メジナといったターゲットを狙う方から人気がありました。
釣り禁止ではないサーフからマゴチなどを狙うのがおすすめです。
注目の釣り場
平潟港(平潟漁港)
大津港
人気のブログ
ショートロッダーもやし爆誕
進撃のもやし、センメイ塾卒業のお知らせ。
人気の講座
【初心者必見】PEラインを使う理由!向いている釣りを徹底解説
【東京湾奥運河のド定番】誰でも釣れるミニエントの使い方・操作マニュアル