【釣りガールもやし】はじめてのハイクラスリール LTルビアス4000CXH

もやしの釣りブログ

この1年間、酷い扱いに耐えて頑張ってくれたLTレガリスが、磯の荒波の前についに撃沈。
更なる大物を狙うべく、ライトショアジギングタックルを新調することに。
今回はただのリール自慢です。
(いきさつが長いので、初心者のインプレ的なものが知りたい方はここからジャンプ

スポンサーリンク

レガリスとの別れは突然やってきた

竿の置き方を知らないが故にスプールをズタボロにされ、ドラグの緩めすぎでドラグキャップを海に落とされ、手を滑らせて岩場から落とされ……、数々の受難をくぐり抜けてきた初代の相棒、LTレガリス2500D
実売価格7,000円だったにも関わらず、タフで信頼できるヤツだった

しかし、荒波でのライトショアジギングから明らかに様子がおかしい。
少し巻くとゴリゴリと苦しそうな声を上げ……、ついに動かなくなってしまった。

レガリーース!!!

そうか、お前は防水じゃなかったもんな……、
お前のタフさを過信して荒波に連れ出した私が間違ってたんだな……。
涙でまぶたを腫らしながら、生みの親に引き渡す決心を固める。
しっかり入院して、元気になって帰ってくるんだよ。

お前以外の相棒なんて考えられない。

翌日、いつもお世話になっているJSYへ向かった。
都内のJSYでは、お客さんからの預かり品を月曜日にまとめてダイワさんに発送するという。私がJSYを訪れたのは、ちょうど月曜日の夜。
つまり、レガリスはまるっと1週間JSYのバックヤードで眠ってから、ダイワさんの元に向かう。
私の手元に戻ってくるのは、どんなに早くても2週間後らしい。

ふむ、2週間も釣りに行けないのか。

すまん、レガリス。
私には今すぐ新しい相棒が必要だ。

新リールに私が求めること

新しい相棒リールにもやしが期待することは3つ

  • 防水がしっかりしていること
  • ライトショアジギングで使えること
  • もやしっ子でも扱える軽さであること

これまで使っていたレガリスは、ダイワさんが誇る最強防水機能「マグシールドが搭載されていないモデルだった。そのぶん「お手軽に分解して手入れができる」なんて口コミに書いてあったが、

分解なんて怖くてできるわけがない。
(機械音痴です。)

じつは、修理に出したその場で、2代目レガリスを連れて帰ろうかとも思ったのだが、今後も盛大に波をかぶる所存のもやしに、果たしてレガリスはついてきてくれるのだろうか。

その点、レガリスのワンランク上の「フリームス」からは、すべての機種にマグシールドが搭載されているので安心。
どうせ新調するなら、少し頑張ってマグシールド搭載機を選びたいところだ。

JSYのスタッフさんに、「レガリス卒業宣言」をしたらとても褒められたので、この決断は正しいと思う。

はじめてリールを買ったときは、軽さを最重視した結果、シーバスフィッシングの標準よりやや小粒の2500番手をチョイスしていたので、そもそもライトショアジギングには不向きだった。
もしかすると波よりシャくる動作のほうが負担だったのかもしれない。

現相棒との違いを打ち出すためにも、ライトショアジギングに振り切ったチョイスをすることに決めた。
4000番手のハイギアだ。

BlueBlueの高橋優介さんも
「手返しをよくする意味で、自分はハイギアを使用しています」
ってライトショア動画の中で言ってたしね。
ハイギアには前から憧れてたんだ〜♪

ここで問題になるのが、重量
番手が大きくなると、当然それだけ重さも増す。
友達には
「そこまで重さは気にならないよ」
なんて言われたが、もやしっ子の非力さをナメないでほしい。
こっちは腕立て伏せ5回できないんだぞ。

センメイ師匠に相談してみたところ、超軽量に振り切ったモデルは耐久性にやや不安が残るそうだ。
ショアジギングの激しい動きで、ガタついてくる可能性があるんだって。
いくら軽くても、すぐダメになるのは悲しいな。
道具に異様なまでの愛着を持つタイプなので、使い捨てより長く使いたい。

軽くて強い、それが新ルビアス

ライト×タフ。
そんな相反するものを求めるワガママなもやしに、師匠がオススメしてくれたのが、

イグジスト

はい、却下。
もやしに7万円超えのリールは宝の持ち腐れすぎるでしょう。

そこでこちらからは○○○○○○○を提案。
(※リールの人権を守るため名前を伏せさせていただきます)

今度は師匠に却下される。
軽いがタフさに欠けるらしい。

「それを買うなら、ルビアスにすれば?」
「新作だし、ライト×タフで良いリールだよ」

ルビアス

アッパーすぎて眼中になかったモデルだ。
とりあえず調べてみる。

出典:DAIWAフィッシングショースペシャルサイト2020


めっちゃかっこいいジャン…!!

成金志向のもやしは、ゴールドのあしらいが大好きだ。

レガリスを買ったときだって、本当はマグシールドがついたフリームスが良かったけれど、ゴールドの魅力には勝てなかった。

ルビアスはハイクラスなだけあり、レガリスよりも配色に高級感がある。
成金というよりも、真のセレブ臭が漂う。

リールフットのメタリックブラックもたまらない。
モバイルパックにセッティングした時の馴染みのよさ!
さぞや美しいことだろう。

見た目だけですっかり欲しくなってしまったが、さらにすごいのが軽さだ。
なんとルビアス、コンパクトモデルの4000番手でわずか210g!
LTコンセプト(ダイワさんの軽量モデル)だったレガリスの2500Dとまったく同じ重量なのだ。

先日、釣り場のおじさまにライトショア用のタックルを持たせてもらったさいには、あまりの重量感にひそかに絶望していた。

それが、ルビアスならタックルの重さを1gも増やすことなく番手を4000番に上げられる!!
それでいて、剛性はセンメイ師匠のお墨付きだ。

ハンパないよ、ルビアス。

ベアリングとかモノコックとか難しいことはよく分からないが、とりあえず見た目と軽さだけで私はルビアスの虜になった。

でも、もやしちゃんは財布の中身ももやしっ子だからなぁ……
ウジウジしていると、なんと天からのお恵みが。
ありがとう、安達神。

明日JSYに行ってくるね!!!

憧れのハイクラスリールで実釣!

修理に出した翌日、ニューリールを求めて再びJSYへ降り立ったもやし。良いお得意様だ。
実物を見ると少し目移りしたけれど、やはりルビアスの高貴な輝きには何者も敵わない。
間違えないように、師匠とJSYのスタッフさんにしっかりと番手を確認。PE1号を巻いてもらう。

生まれて初めてのハイクラスリールに胸が高鳴る。

見ているだけで幸せ。

いつもなら糸巻きが終わるまで店内をうろついているが、この日はスタッフさんが糸巻きしている隣にじっと張りつき、美しいボディに糸が絡まっていく様子を眺めていた。

だって、ずっと見ていたい。

「MADE IN JAPAN」の文字が堂々と輝く。

でも、見ているうちに見ているだけでは満足できなくなってくるもので。
店を出ると、足が自然と豊洲ぐるり公園へと向かっておりました。

釣り場まで我慢できずに、電車内でリールをくるくるしていた私はきっとおかしな奴だったと思う。

感度が3倍に上がった!


とよぐるに到着すると、さっそく我が相棒モバイルパックに、新しい相棒のルビアスを装着。

モバイルパックとのなじみもバツグン。

見よ、この神々しさ!
モバイルパックすら高級に見えちゃうわ。

キャストし、まずはゆっくりと巻いてみる。

おおおお?

レガリスになんの不満も抱いていなかったけれど、確かに、これは違う
巻き心地がなめらかだし、何より、感度が異様に上がった?!

波の抵抗感や底の様子が、手に取るように分かる、気がする!!!

もやしごときが実際に把握できているかはともかく、ルビアスを巻くと、今までより敏感に水中の変化が手元に伝わってくる。
ぶっちゃけ、巻きのなめらかさだけで言えば、
レガリスよりちょっといいかな?」ぐらい。
(もやしのレベルなんてこんなもんです)
ただ、巻いた時に手元に伝わる情報量は2倍、いや、3倍は違うと思う。
それぐらい歴然の差!
本当にビックリした。

この手元情報を使いこなせれば、釣果が劇的に変わるんじゃないかな。
使いこなせれば。
私にはまだまだ先になりそうだが、とりあえず根がかりは減らせる気がする!(活用法がショボい)

ハイギアの威力を思い知る

巻きのなめらかさ、という点で比較がしづらかったのは、はじめてハイギアを手に取ったのも関係していると思う。
パワーギアのレガリス2500に比べると、口径も大きくなったぶん、巻きがずっしりと重い。
リーリングするとそこそこ筋トレしている気分になる。
これには慣れが必要かも。

そのぶん、巻いてくるスピードが尋常じゃない。ジグの早巻きは絶対楽になると思う。
ルアー回収効率がめちゃくちゃいいので、キャスト練習にもうってつけ!(活用法がショボいpart2)

不安なアイツがいなくなったよ!

レガリスを使っていて、ちょっと気になっていたのが、リールの裏側についていたストッパーレバー
私にとっては99%使わない機能なのに、ここから砂やゴミが入り込みそうで、密かに不安だった。いかにも悪さする気満々な場所に取り付けられているんだもの。

それが、このルビアス。
不安要素のストッパーレバーが取り去られているではないですか。

ストッパーがなくなって、裏側もすっきり。
砂が入り込むスキなし!

ダイワさんは新作でもストッパーレバーがあるモデルを発表していたけれど、ルビアスは軽量と防水を最優先した結果、潔くなくしたらしい。

ダイワさんの英断に感謝しかない。

このストッパーレバーが地味にリール選びの決定打になった。
これでサーフにも心おきなく連れて行けるよ!
行く予定はないけれど!!!

ちょっと気になる点も…

キャストしてから水中を引いてくるぶんには、最高になめらかで快適なのだけれど、ルアーを付けた状態で地上で軽く巻くと、カサカサと音が鳴る。
レガリスでも多少鳴っていたけど、水中でなめらかなぶん、ルビアスのほうがより顕著に感じた。
上位機種ではこの音はないと思っていたのでそれが結構意外。
初期不良かと疑って師匠に尋ねてしまったぐらいだ。

この音に関しては、樹脂ボディの宿命なのだそう。
なんせレガリスしか使ったことがないから、そういう基本的な知識が皆無でした。
正常だと聞いてひと安心。
金属ボディなら音もしなくなるよと言われたけれど、軽量命の私は、カサカサ音を愛しながら、生涯樹脂ボディと共に歩んでいきます

末長くよろしくね、ルビアス。
ずっとずっと大切にするからね。

さっそく週末は荒波と闘おうね!

※剛性については魚が釣れたら追記します。いつになることやら。

もやし なお

情報収集大好き。知識に技術が追いつかない釣り1年生。
エビ食べ放題の夢を叶えるべく、テナガエビ釣りをはじめる。外道でかかったハゼの天ぷらに感動し、魚を狙いだすもイソメの香りにKO。彼と決別すべく、一念発起してルアーの世界へ。以来、シーバスの勇ましい姿に惚れ込んでいる。

もやし なおをフォローする
もやしの釣りブログ 釣行ブログ
スポンサーリンク
もやし なおをフォローする
Japan Culture Map

コメント

タイトルとURLをコピーしました