【茨城県北茨城】大津港(一部釣り禁止・立入禁止あり)の釣り場

基本情報

大津漁港は非常に広く、また魚種も豊富なため、ファミリーフィッシングからベテランまで幅広い釣り人から人気のある釣り場です。 釣りが出来るエリアを大きく分けると以下3か所あります。 ・一番右の川沿いに伸びる堤防(江戸上川河口):キスやイシモチに加え、それらに集まるヒラメやシーバスなどの大型のフィッシュイーターも狙うことが出来ます。 ・漁協前護岸:ファミリーフィッシングがメイン。車横付け可能 ・漁協の向かいに伸びる赤灯台堤防:高さ5m以上はありますが水深もある大型の魚を狙う好ポイント 全エリアで様々な釣りを楽しむことが出来るため、色々な場所で狙う魚や釣り方を変えてみることをおすすめします。
ポイント名 大津港
住所 〒319-1702 茨城県北茨城市大津町121
交通 電車・バス:JR常磐線「大津港駅」よりタクシーで5分

車:常磐自動車道「北茨城IC」より15分
駐車場 あり
トイレ あり
コンビニ 調査中
飲食店 調査中
釣具店 調査中
ファミリー 向いている
向いているポイントとは、周辺設備+ライトなタックルで釣れる魚がいるかで判断しています。
禁止エリア 一部エリアで釣り禁止、または立入禁止


大津港で釣れる魚
イシモチ、キス、カレイ、ヒラメ、マゴチ、シーバス、チヌなど


初心者・ファミリーフィッシング向けの解説
ファミリーフィッシングのメインとなる漁協付近(漁協前は釣り禁止)の護岸では、足元でも水深が10メートル近くあるためサビキ釣りの有望なポイントです。

アジやサバ、イワシなどがよく回遊してくるためタイミング次第では子供でも手軽に釣ることが出来ます。また、ちょい投げではハゼやキスの他、イシモチやカレイの実績もあるためファミリーフィッシングには最適なポイントです。
上級者向けの解説
大津漁港の向かいに伸びる2つの堤防は、足場の高さが5m以上とかなり危険なポイントです。しかし、水深があり大型の魚を狙うことが出来る好ポイントでもあります。

里根川と江戸川河口における汽水域エリアではシーバスやチヌが人気のターゲットです。外海側ではワカシやイナダといった青物が狙える他、メバルやカサゴ、アイナメなどのロックフィッシュも数多くいます。

江戸上川河口のサーフエリアではフラットフィッシュ(ヒラメ・マゴチ)を狙うことも出来、各ポイントで様々な釣りを楽しむことが出来ます。
注目の釣り場
平潟港(平潟漁港)
大津港
人気のブログ
ショートロッダーもやし爆誕
進撃のもやし、センメイ塾卒業のお知らせ。
人気の講座
【初心者必見】PEラインを使う理由!向いている釣りを徹底解説
【東京湾奥運河のド定番】誰でも釣れるミニエントの使い方・操作マニュアル