【千葉県】電車釣行も可能な「茜浜」は超快適な釣り場!シーバスやカレイなど魅力的な魚を狙ってみませんか?

千葉県で東京湾に面した釣り場の中でも最奥に位置する茜浜では、菊田川の河口から両岸に広がる護岸から釣りをすることが出来ます。特に人気があるのはシーバスやチヌですが、他にもサバやサヨリ、タチウオなどの回遊もあるため多くの釣り人が思い思いの釣りを楽しんでいます。場には、投げ釣りでカレイも釣れるため、通年何かしら釣れる上に混雑しないおすすめの釣り場です。

スポット情報
ポイント名
茜浜
住所
〒275-0024 千葉県習志野市茜浜3丁目5 (地図を開く)
交通
JR新習志野駅から徒歩5分
駐車場
あり
トイレ
あり
コンビニ
あり
飲食店
あり
釣具店
調査中
ファミリー
向いている
※向いているポイントとは、周辺設備+ライトなタックルで釣れる魚がいるかで判断しています。
禁止エリア
なし
千葉県で東京湾に面した釣り場の中でも最奥に位置する茜浜では、菊田川の河口から両岸に広がる護岸から釣りをすることが出来ます。
特に人気があるのはシーバスやチヌですが、他にもサバやサヨリ、タチウオなどの回遊もあるため多くの釣り人が思い思いの釣りを楽しんでいます。
冬場には、投げ釣りでカレイも釣れるため、通年何かしら釣れる上に混雑しないおすすめの釣り場です。

1.茜浜緑地:ファミリーフィッシングは難しいが、シーバスやチヌを狙うなら一級ポイント!


菊田川の右岸は茜浜緑地といい、海に沿った形で細長い形をした2kmもある公園が広がっています。この茜浜緑地の護岸は、全てあまり高さのないテトラポットが敷き詰められています。足場のいい歩道からでは根がかかりが多発してしまうことから、テトラポットからの釣りがメインとなります。

河口付近は水深がやや浅いため、少し歩きますが公園の奥まで歩いた方が釣れる傾向にあります。

2.海浜公園:ファミリーフィッシングは難しいが、シーバスやチヌを狙うなら一級ポイント!


菊田川の左岸は海浜公園と言い、こちらも細長い形をした1kmほどの公園が広がっています。海浜公園の護岸も茜浜緑地と同様に、全てあまり高さのないテトラポットが敷き詰められています。こちらでも似たような釣りを楽しむことが出来るため、風や潮の流れに応じて釣りがしやすい場所に移動するのがおすすめです。


3.菊田川河口:ファミリーフィッシング向き、足場が非常によく毎年多くのハゼが遡上します!


菊田川の河口からも釣りをすることが出来ます。菊田川は護岸がよく整備された小規模河川で、水深が約1~2mと非常に浅くなっています。しかし、それでも毎年多くのハゼが遡上しており、春から秋までハゼが良く釣れることで知られています。

冬場になると釣り物が少なくなりますが、カレイがたまることもあるため、ちょい投げでも意外な大物が釣れることもあります。



茜浜で釣れる魚

シーバス、チヌ、タチウオ、ハゼ、カレイ、サヨリ、サバ、アジ、メバルなど

ハゼ
・シーズン:ハゼは冬を除くほぼ1年中狙うことが出来ます。3~5月ごろに釣れはじめ、 6~9月になると少しずつサイズアップして釣りやすくなります。
・釣り方:投げ釣り、ちょい投げ釣り など
・水温:適水温は15度〜25度とかなり幅広いです。

シーバス
・シーズン:ほぼ通年狙うことが出来ますが、冬場は沖で産卵するため港湾部で釣るのは難しくなりますが、バチ抜けシーズンが早いところや大型河川の河口部は非常に早くから釣ることが出来ます。
・釣り方:ルアーフィッシングまたはウキ釣り など
・水温:適水温は15~18度ですが、夏場でも積極的にベイトを追っている姿を良く目にします。

タチウオ
・シーズン:4月~12月
・釣り方:メタルジグ(ジグサビキを含む)、ワインド釣法、テンヤなど。
・水温:エサを捕食する適水温が13~18度くらいのため、それくらいの水温が一番釣りやすい。ただ、このエリアは潮通しがいいため真夏でも狙うことが出来ます。

チヌ
・シーズン:通年狙うことが出来ます。春と秋が最も釣れますが、食味が一番いいのは冬。30cm以上があればキープしてお刺身を楽しみましょう。(ただし、持ち帰りすぎは注意!)
・釣り方:落とし込み(ヘチ釣り)、フカセ釣りなど。
・水温:エサを捕食する適水温が13~23度くらいのため、あまり意識しなくても良い。ただ、「あまりに寒い日や暑い日は避けるようにする」くらいのつもりで十分です。



初心者・ファミリーフィッシング向けの解説

足場のいい菊田川の護岸から楽しめるハゼ釣りが一番人気!


ファミリーフィッシングで一番楽しめる釣りと言えば、やはりハゼ釣りは欠かせません。実に多くのハゼが遡上するため、お子さんでも簡単に釣ることが出来ます。ひと夏の思い出に是非釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

カレイ・チヌ・シーバスなど、他の魚も良く釣れています


実は、カレイは足場のいい菊田川の河口からでも釣れることが度々あります。他にもチヌやシーバスも混じることが多く、小規模河川とは思えないほど大型の魚を狙うことが出来ます。夏から秋にかけてはサヨリやコノシロなどが入ることもあるため、ウキ釣りや投げサビキなどの釣果もあります。

上級者向けの解説

シーバスアングラーに向けて


シーバスはほぼ全域で狙うことが出来、足場のいい護岸付近でも50cm前後のサイズが良く釣れます。
とは言え、基本的にはサイズがいいのはテトラから。テトラは秋口になるとサバの回遊が多くなり、五目釣りをすることが出来ます。
比較的通年釣れる傾向にありますが、ハイシーズンは春と秋の二回。特に秋はコノシロパターンで爆釣することも多く、ランカーシーバスとのファイトが楽しめることも。春は定番のバチ抜けですが、河川がそれほど大きなわけではないため、どちらかと言えばバチ抜けについたベイトを捕食するシーバスを狙う方が大型のサイズを狙うことが出来ます。

タチウオやサバ、ワカシ~イナダサイズも狙えます


東京湾奥の釣り場ですが、実は千葉県は小型~中型青物が回遊することで知られています。もちろん、タチウオやサゴシなどの実績もあり、様々な釣りを楽しむことが出来ます。他のタチウオが釣れるポイントは、それこそ大渋滞になることもありますが、茜浜は約3kmも釣り場があるため快適な釣りを楽しむことが出来ます。

茜浜付近の釣り場

【千葉県】東京湾でファミリーから上級者まで人気の釣り場「千葉港船橋東埠頭(船橋港)」で釣れる魚や釣り方など徹底解説!
茜浜から約2.9km
船橋港(船橋港親水公園)は千葉県船橋市千葉港の一角にある漁港で、先端付近は比較的深くなっていることから多くの魚が集まるためファミリーからベテランまで楽しめる人気の釣り場です。
【千葉県】東京湾でファミリーから上級者まで人気の釣り場「旧船橋港(船橋港親水公園)」で釣れる魚や釣り方など徹底解説!
茜浜から約3.6km
旧船橋港(船橋港親水公園)は千葉県船橋市千葉港の一角にある小さな漁港で、色々な狙い目があるためファミリーからベテランまで楽しめる釣り場です。
【千葉県】通年シーバスが釣れるポイントとして知られる「花見川河口」、シーバス以外にも釣れる魚やその釣り方、釣り禁止情報などをご紹介
茜浜から約4.6km
花見川河口は千葉県千葉市美浜区の稲毛海浜公園の中にある釣り場で、ファミリーからベテランまで楽しめる人気のスポットです。野外音楽堂や幕張メッセが公園内にあるので、イベント時には立ち入り禁止になることがありますので注意して下さい。
【千葉県】東京湾でもっと釣りたい上級者向けの釣り場「市川港」で釣れる魚や釣り方など徹底解説!
茜浜から約5.3km
市川港は市川市高谷新町にある港で、東京湾に面した釣り場です。護岸からの投げ釣りや、磯のような場所でのヘチ釣りを楽しむ事が出来ます。駐車場、トイレはありませんので注意して下さい。
【千葉県】東京湾で釣り場「真間川水門」で釣れる魚や釣り方など徹底解説!
茜浜から約5.9km
千葉県市川市田尻にある原木公園の前を流れる真間川の河口部が釣り場です。人が少なく、穴場的なスポットです。原木公園が隣接しているので、トイレ、駐車場があります。
注目の釣り場
人気のブログ
人気の講座
注目の聖地巡礼