【千葉県】東京湾でファミリーから上級者まで人気の釣り場「千葉港船橋東埠頭(船橋港)」で釣れる魚や釣り方など徹底解説!

基本情報

船橋港は千葉県船橋市の一角にある漁港で、ファミリーからベテランまで楽しむことが出来る人気の釣り場です。 釣りが出来るポイントは以下2箇所です。 ・航路に面した場所:こちらのポイントでは、遠投することで水深が7mを超えるため通年非常に有望なポイントです。 ・谷津干潟とつながる水路:水深は浅くなっているため、ハゼ釣りには非常に向いています。ファミリー向けにはこちらがおすすめです。 西側はソーラス条約の影響で釣りをすることが出来ないため注意してください。
ポイント名 千葉港船橋東埠頭(船橋港)
住所 〒273-0012 千葉県船橋市浜町3丁目2−4
交通 電車・バス:JR京葉線、JR武蔵野線「南船橋駅」より徒歩20分
駐車場 あり
トイレ あり
コンビニ なし
飲食店 調査中
釣具店 あり
ファミリー 向いている
向いているポイントとは、周辺設備+ライトなタックルで釣れる魚がいるかで判断しています。
禁止エリア 調査中



千葉港船橋東埠頭(船橋港)で釣れる魚
ハゼ、カレイ、シーバス、チヌ、サッパ、ボラなど


初心者・ファミリーフィッシング向けの解説
ハゼ釣りを楽しみたいのであれば、谷津干潟とつながる水路の方が圧倒的に有利です。
こちらは毎年かなりのハゼが接岸しているため、非常に良く釣れます。

夏はイワシやサッパを狙うことが出来、冬はカレイが接岸するため、オールシーズン楽しむことが出来ます。
上級者向けの解説
狙い目は航路に面した場所の角部分が最も人気ですが、谷津干潟とつながる水路も満潮からの下げはかなり期待が出来ます。

春には干潟からかなりのバチ抜けを確認することが出来、特にこの時期は干潟側のエリアが有望です。

夏~秋にかけては、航路に面した場所にメインベイトであるサッパやイナッコが群れをなしているため、ボイルなどが確認できた場合には積極的に狙い撃つようにしましょう。
注目の釣り場
平潟港(平潟漁港)
大津港
人気のブログ
ショートロッダーもやし爆誕
進撃のもやし、センメイ塾卒業のお知らせ。
人気の講座
【初心者必見】PEラインを使う理由!向いている釣りを徹底解説
【東京湾奥運河のド定番】誰でも釣れるミニエントの使い方・操作マニュアル