【福井県・敦賀市】敦賀新港-鞠山海遊パーク(立入禁止あり)の釣り場

ポイント紹介
スポンサーリンク

基本情報

敦賀新港-まるやま海遊パーク周辺

© OpenStreetMap contributors

ポイント名 鞠山(まりやま)海遊パーク
住所 福井県敦賀市鞠山
最寄り駅 (1)JR敦賀駅からコミュニティバス『東で11分(「田結口」下車、徒歩15分)
(2)北陸自動車道・敦賀ICから車で7分
駐車場 有(無料)
飲食店・コンビニ 売店・飲食店あり
トイレ
釣り具屋 三水釣具店(0770・23・3337)
上州屋・新敦賀店(0770・21・2750)
赤崎釣具(0770・25・7266)
混雑具合 かなり混む
安全性(※1)
水深 20~30m付近にかけあがり。深いところでは10m以上ある
特徴 ・護岸の左側ではキス・回遊魚(ブリ・サワラなど)・真鯛・ヒラメなど
・護岸の右側の足場にはテトラポットが入っているため、その周辺ではチヌ・アオリイカ・キジハタが狙い目。
・フェリオスにはアミやカニなどが多く住んでいるため意外に足元でも良く釣れるが10m沖のかけあがりを攻めたいところ。
注意点 立入禁止あり!フェリオスのデッキと護岸以外は釣りしないようにすること

※1. 安全性とは?以下の観点で区分している。
・高:安全柵があるためかなり事故が発生し辛い場所。
・中:「安全柵が低い」「海面からの距離が近い」「救助用のはしごの設置がある」などの理由でまだ助かりやすい場所。基本的にライフジャケットは必須。
・低:安全性が中に比べ更に足場などが悪い場所。基本的には磯やテトラに乗らなければ釣りが出来ないなど、ライフジャケット以外にスパイクシューズなど更に安全面に配慮する必要がある。

釣れる魚種とおすすめのシーズン

狙う魚種毎におすすめのシーズンを考察した。

魚種・月 04 05 06 07 08 09 10 11 12 01 02 03
スズキ
真鯛(マダイ)
黒鯛
メバル
キジハタ
アオリイカ × × × ×
アジ
キス × ×

スズキ(シーバス)

一般的にシーバスの適水温は14~18℃、10~25℃くらいまでであれば十分釣りになる。11後半~2月後半までは産卵のため沖に出てしまうことから基本的に大型の個体は釣れない。3月後半に水温があがってくると産卵後の個体がエサを求めて沿岸部に戻ってくるため、この時期が一番大型の個体を狙いやすい。

比較的水深があり、火力発電所も近いことから通年狙うことが出来る。特に5月頃は5-6cm前後の稚鮎やホタルイカが接岸するため、そのタイミングが一番狙い目。

真鯛(マダイ)

一般的にマダイの適水温は18~28℃、12℃くらいまでは活動出来るようだが、10℃を切ると平行感覚を失い浮いてしまう(所謂、「浮き鯛」と呼ばれる現象)こともある。産卵期は4~5月で、この時期は「のっこみ」と呼ばれ大型の個体が沿岸部に接岸するため狙いやすい。9~11月にかけては数釣りも楽しむことが出来る。

カゴ釣りや投げ釣りで虫エサをつけて狙うのが主流ではあるが、ベイトが小魚(稚鮎)の場合もありそういったタイミングでは泳がせ釣りなどの方がいい場合もある。
よって、ルアーで狙うのであれば、基本はワームを主体にしつつもキャスティングタイラバやメタルジグなども有効に活用すること。

黒鯛(チヌ)

一般的にチヌの適水温は15~25℃、10℃を切ると厳しいと言われている通り12~2月は狙うのが難しくなる。3月後半で水温があがってくると一転、かなり活性があがりシャローエリアにも姿を現す。このころに産卵を迎え、チヌの活性は非常に高く「のっこみ」と呼ばれる大型の個体を狙いやすいシーズンに入る。7月~11月に入ると非常に活性が上がってくるため数釣りを楽しむことが出来る。

メバル

一般的にメバルの適水温は10~20℃、10℃を切っても釣ることは出来るが活発にえさを追わないため狙うのが難しくなる。そのため、10月~6月くらいまでの間を狙うと良いが、12月後半〜2月後半にかけて沿岸部で産卵期を迎えるため、この頃は大型の個体はいるが中々口を使わない。冬の釣りものとして有名ではあるが、やはり春と秋を重点的に狙うとよい。

キジハタ

一般的にキジハタの適水温は20~25℃前後と言われているが、冬の寒い時期でも釣ることは出来る。ただ、初夏からは産卵のため沿岸の浅場によってくることから、5月~6月からシーズンに入ってくる。最盛期は7月~8月で数を狙うことも十分可能。根魚のため場荒れを考えキープサイズは最低でも20cm以上としたい。また抱卵している個体は極力リリースするよう心がけよう。

テトラ付近が断然有利、一応通年狙うことが出来る魚ではあるので冬季に同様の狙い方をすることでカサゴ・ソイ・チヌなどもターゲットにすることが可能。

アオリイカ

一般的にアオリイカの適水温は20~25℃前後と言われているが、冬の寒い時期でも釣ることは出来る。春に産卵のため沿岸の浅場によってくることから、4月~6月に大型の個体を狙うことが出来る。最盛期は9月~11月で小型にはなるが数を狙うことが可能。

アオリイカが狙い辛いシーズンでも、そんな時はコウイカを狙ってみるといい。アオリイカよりもボトムを意識すること。一年中イカを狙うことが出来るため面白い!

アジ

一般的にアジの適水温は16~20℃前後と言われているが、冬の寒い時期でも活性が低いなりに釣ることが出来る。釣りやすい時期は5月~11月頃まででサビキや小型のワーム、メタルジグなどで狙うと良い。12月や1月頃までは釣れることはあるが、この時期は大型の個体を狙う釣りになるため潮通しがいい水深のあるエリアが有利。

基本的には足元でサビキしてるだけで釣ることが出来る。

キス

一般的にキスの適水温は15度〜25度前後と言われており、特に20度〜25度くらいが一番活性が高い。産卵期は6月〜10月頃で複数回(ピークは7月〜8月)に分けて行う。この際に水深が浅い沿岸部に接岸するため狙いやすい時期と言える。

ちょい投げの距離でも十分釣れる。もちろん広範囲に投げてもよいがかけあがりの奥の砂地がメイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました