【センメイ釣行レポ】2020年6月初旬②

センのまったりブログ

昨年豊洲ぐるり公園で知り合った釣りガールがバチ抜けをやってみたいとのことで、バチ抜け攻略法とメジャーなバチ抜けスポットだけ教え温かく見守ろうと思っていたところ、こちらまで急遽くるとのことで今期初ガイド釣行となりました。

スポンサーリンク

釣行日時

  • 日時:2020年6月9日(火)19時00分~23時30分
  • 場所:隅田川下流域
  • 天気:晴れ
  • 気温:25度
  • 潮:中潮
  • 満潮時刻:20:15
  • 干潮時刻:1:54

釣りガールとの最初の出会い

昨年、釣りにはまったらしい釣りガールとの出会ったのは豊洲ぐるり公園。

豊洲ぐるり公園で、深夜の時間に女性が一人でいること自体、少々違和感だったが、何より違和感だったのが、振り出し竿のガイドの向きが逆で釣りをしている。。

エンジョイ勢もいるので、おせっかいに教えるのは釣り場にいる頼んでもないのに絡んで教えに来る通称「妖怪釣りじじい」と同列になってしまうので、避けていたがあまりに一生懸命だったので、おせっかいながらガイドの正しい向きを教えてあげたのが始まりだった。

その際きいた、豊洲ぐるり公園に至るまでの過程を聞くと、こんな感じ!

①最近友達と海釣りを体験した。
②楽しくてその週にJSYに行き、店員に近場で釣れる魚ということでシーバスを紹介された。
③JSY店員にいわれるがまま道具を買いそろえた。
④釣り衝動にかられ、ネットで調べた豊洲ぐるり公園に平日きてみた。
⑤終電で帰りたくないから自転車で1時間以上かけてきたので好きなだけ釣れる(にっこり笑顔)
※見た目とは裏腹のいい意味でクレイジー(こっち側の人間でしたw)

これだけパッションがあってもJSYではガイドの向きも教えてくれない。。
店員による対応レベルの差がありますので、店が悪いとは一概にいえませんが、初心者に継続してもらわないと儲からないはずの業界でこの対応、初心者向けの釣りガイドサービスの需要を確信した瞬間でもあり、今度釣りの基本を教えると約束してその日はお別れ。

その後数回シーバスやら、メバルやらをレクチャーして、自立。江ノ島でワカシやらメバルを狙っていたらしいですが、今回はバチ抜けデビューしたいとのことで久しぶりにご案内することになったのが事の発端。

毎回レクチャーするたび事件を起こすので、今回もハラハラしてます。

合流前に久しぶりのエリテンの練習開始!

上げ潮から釣り開始。バチは少々でていました(写真の白い棒、見にくくてすいません)が、いうほど多くなくライズも散発的な状況。どうみてもイージーじゃない展開を予想。

釣りガールがお仕事終わりにくるというの待っている最中、釣りガールはエリテンしかもっていないということ事前にエリテンでこの日釣れるかを検証してみました。(いつもだったらノガレ)

エリテンはノガレより少し飛ぶのがやはりアドバンテージにはなるのと、この日は風が水面が波立つくらい吹いていたので、流されにくくコースをトレースしやすいことが好を奏し、いつもながらのデッドスローで潮目を流すことで周りが沈黙の中、6バイト2フィッシュ。(セイゴもまじる)

エリテンはやはり釣れる!バチ抜けの王道たるゆえんの結果に。誰しもがボックスに入っていて先発させるルアーというのを再認識!安いこともあるか。

釣りガール颯爽と登場!巻きスピードに苦戦。

エリテンの検証も終わったところで釣りガール登場。釣りガール愛竿のモバイルパックを準備し早速エリテンで釣行開始。

一応、バチ抜け攻略のブログはよんできたのか一通りは理解してきているようでしたが、デッドスローのさじ加減がやはり難しい様子。

釣りガール「流されちゃうんですけど。。」

センメイ「潮の流れに逆行してとどめるのは不可能なので、ライン張らず緩めずにするんです。潮の速さによって変える工夫が必要。ブログに書いてあるよ。」

釣りガール「一度で頭に入らないです!(きっぱり)」

センメイ「・・・難しいよね。ゆっくりいきましょう」

当日は潮の流れと風の強さが相まって当日はかなり流れが速い状況になっていたので、デッドスローといえどもいつもよりは早い状況。

釣りガールは言われたことに忠実なので、ミミズが這うくらいデッドスローやっておりました。(潮の流れが緩いときはそれでいいのですが)

釣りガール疑惑の目!ノガレ養子へ

満潮になり、ライズもおさまり、潮目打ちをしているとやっぱりエリテンに吸い込むようなバイト。私にヒットし45㎝ゲット!

センメイ「ほら釣れるでしょ?バイトあるから、潮目をゆっくり流して」

釣りガール「・・・ジー(視線)・・・(カラーがいけないんじゃないのか?)・・・ジー(視線)」

センメイ「カラー交換してみる??たぶん同じだと思うけど。」

釣りガール「交換しましょう!でもなんか嫌な予感しかしない」

その後、潮目に発生したライズを狙って釣りガールから借りたエリテンでヒット!!
かなりの重量感、ワンテンポ遅らせて合わせた瞬間にテンションが抜け、メインラインからラインブレイク。。借りたエリテンをなくすという大失態

手持ちのエリテンもその後高切れし、なくしてしまい。。
(PITBULL4本編みもう買わない)

釣りガールへのお詫びとしてノガレを養子にだすことに。

センメイ「好きな子をもっておゆき😢」

釣りガール「いいんですか?じゃあこれ、このホワイトベースのカラーが好きなんです」

センメイ「女子は白すきだからね、ナイトオレンジ釣れるよ。 蓄光テープカスタマイズしてるのでいらんかったらはがしてしまってOK(かわいがってね😢)」

ノガレ劇場開幕!主演 釣りガール!

下げ潮がきいてくると、ところどころで散発的なボイル発生。エリテンではまったく反応がなかった釣りガールもキャストポイントを指示して的確なところにキャストできると早速ノガレにヒット

釣りガール「きました~!すごい引きです。どうすればいいんですか?」

( ん?先週ワカシ釣ってたいうてたからフッキングとかファイトとか一通りできるとおもってたけど、わからないかーい。 )

センメイ「竿をたてて、ラインテンションはって!」 (タモをとりにダッシュ)

釣りガール「(竿が軽くなる)。。。ばれちゃいました。グググってきたら、どうすればよかったんですか?竿をたおしてしまったんですけど」

センメイ「今まではどうしてたの?シーバス釣ってたよね?」

釣りガール「小さいサイズだったんで、勝手にかかって、全部ホイってぬいてました」

センメイ「なるほど、むこうアワセでかかってくれてたんだね、きっちりロッドをあげてフッキングしないとかからないよ。その後はラインテンションを保つ!」

(ライズ発生!)

センメイ「あそこに投げて!ゆっくり巻いて」

釣りガール「ここに立って投げたほうがいいですかね?」

センメイ「立ち位置は重要だけど、今回は急いで投げて!」

釣りガールキャスト!(ちょっとずれたけど許容範囲)

釣りガール「またきました~!」

センメイ「タモとってくるから、しっかりラインテンションたもって」 (タモダッシュ2回目)

釣りガール「またばれちゃいました😢。。フッキングがちゃんとできてないんですかね。師匠を走らずだけしかしてないですね(笑)次回はちゃんと釣りあげます!」

センメイ「フッキングからきっちりやりましょうか」

エリテンで投げたおしても釣れなかったのに、ノガレに変えた途端の連発劇。初心者にとって、ノガレのほうが圧倒的に釣りやすいのかもしれないという結果に!周りにいたしっかりタックルを揃えた周りの釣り人がバイト無しでほぼ釣れていない中、初心者でも釣れちゃうノガレって素敵

初心者が意識すべきポイント!こうすれば3倍は釣れる!

今回初心者にバチ抜けを教えてみて、以下を意識的に行うことで熟練者を出し抜くことができると思います!目がいい人、耳がいい人、運動神経がいい人はそれだけで武器になりますので最大限活用しちゃいましょう。

・ライズの音でシーバスかどうか見極める(軽いチャポではなくぼちゃって音)
・釣りをしつつも周りの環境を観察する
(潮目の変化、潮の流れの変化、風の変化)
・ライズが発生したら素早く精度が高いキャストをする
(精度は練習あるのみ!)
・潮の流れとトレースコースをイメージする
(潮、風を正しく把握したら、それを利用)

釣果:センメイ 9バイト 3キャッチ 釣りガール2バイト2バラシ

センメイ

どもです!センメイです!
東京湾奥でシーバス釣りを今はメインでやってます!メインは隅田川、荒川、旧江戸川、東京湾奥運河でやってます!!釣り歴は20年とそこそこ長く、得意な魚種はシーバス、バス、根魚、トラウトなど。バス釣りは印旛水系で年間1000本を釣り上げてました。遠征や海外釣行も好きでメキシコに単独でいったりもしてます!
最新の釣果情報はtwitterを更新してますんで見てみてください!

センメイをフォローする
センのまったりブログ 釣行ブログ
スポンサーリンク
センメイをフォローする
Japan Culture Map

コメント

タイトルとURLをコピーしました