【神奈川県三浦半島】長井荒井漁港(一部釣り禁止・立入禁止あり)の釣り場

基本情報

長井荒井漁港は神奈川県三浦半島の相模湾にある港です。マリーナ周辺と、南側から延びる小さな堤防が釣り禁止となっています。 釣り場となるのは、以下の2つのポイントになります。 港内:港内はほとんどスロープなので、投げ釣りやウキ釣りがメインとなるでしょう。 駐車スペース:テトラポッド(そこから続く護岸へも)は岩礁の間から砂底が広がっています。 この漁港は元々、周囲が岩礁帯であったので、居つきの魚が多いようです。また、夏~秋にかけては小さな魚が回遊してきます。 荒崎公園の裏手にあり、平日は無料・休日は1日1000円で駐車場も公園のものが利用できます。トイレはバス停付近にあります。周辺設備が整っているため、ファミリーからベテランまで楽しむことが出来る釣り場です。
ポイント名 長井荒井漁港
住所 〒238-0316 神奈川県横須賀市長井6丁目28−1
交通 電車・バス:
・京急本線「三崎口駅」より、京浜急行バス「荒崎行き」にて「荒崎」下車

車:横浜横須賀道路「衣笠IC」より15分
駐車場 あり
トイレ あり
コンビニ 調査中
飲食店 調査中
釣具店 調査中
ファミリー 調査中
向いているポイントとは、周辺設備+ライトなタックルで釣れる魚がいるかで判断しています。
禁止エリア 一部エリアで釣り禁止、または立入禁止



長井荒井漁港で釣れる魚
アジ、ハゼ、シロギス、メバル、カレイ、クロダイ


初心者・ファミリーフィッシング向けの解説
足場のよい港内での釣りがおすすめです。アジにメバル、ハゼやメゴチ、カレイが狙えます。お子様を連れてのテトラへの侵入はおすすめできません。
上級者向けの解説
港内はスロープだらけなので、チョイ投げ・投げ釣りやウキ釣りをメインにした釣りが良いでしょう。荒れている時にはクロダイが入ってくることもあるようです。テトラポッド周辺ではクロダイやメバルが狙え、砂底であるためシロスギもいる。秋に訪れれば、サヨリの群れを見る事もできます。護岸での釣りは、足元に注意してください。一段高くなっていると同時に狭くもなっています
注目の釣り場
平潟港(平潟漁港)
大津港
人気のブログ
ショートロッダーもやし爆誕
進撃のもやし、センメイ塾卒業のお知らせ。
人気の講座
【初心者必見】PEラインを使う理由!向いている釣りを徹底解説
【東京湾奥運河のド定番】誰でも釣れるミニエントの使い方・操作マニュアル