【茨城県】茨城港でファミリーから上級者まで人気の釣り場「日立会瀬港」で釣れる魚や釣り方、釣り禁止情報など徹底解説!

基本情報

茨城県日立市に位置する「日立会瀬漁港」は、会瀬海水浴場が隣接するため、海底が砂地になっていますが、岩礁がところどころに点在している複雑な地形が特徴です。足元から水深があるポイントも多く、季節によって様々な魚が狙える一級の釣り場です。

日立会瀬漁港で釣りが出来るポイントは3か所!それぞれのポイントを徹底検証していきます。

そんな日立会瀬漁港ですが、ファミリーフィッシングや初心者は少し釣りがし辛い釣り場です。その理由としては、「釣り場からトイレが遠いこと」「ポイントが広いため、かなり歩くこと」「ほとんどのポイントにテトラが入っているため、根掛かりが多発すること」などが挙げられます。 しかし、そこさえクリアすることが出来れば、サビキ釣り・ぶっこみ釣り・フカセ釣り・穴釣り・ルアーなど様々な釣り方を楽しむことが出来ます。特に、毎年数多くのキスが接岸することで有名。そのため、マコチやヒラメなどのフラットフィッシュがキスを求め数多く接岸します。もちろん、他にも多くの魚種が生息していることから通年有望な釣り場です。

1.会瀬海水浴場から北の海岸

砂浜からの釣りとは言え、手前が磯場のようになっているため、意外なほど多くの魚が生息するエリアです。 遠浅になっており、釣りづらさはありますが、青物(イナダやカンパチ)の回遊もあるため、近年は徐々に人気がでてきたポイントです。その理由として、次に紹介する「日立会瀬漁港の赤灯台」の立入が禁止されたため、仕方なくこちらで釣りをする方が増えたのが理由になります。他にはヒラメやシーバスなどもベイトを求めて接岸するため、ルアーフィッシングを楽しむのであれば結構おすすめのポイントです。

【釣り禁止になりました】2.北側から伸びる長い防波堤(赤灯台)

かつて、実績No1の堤防でしたが、現在では立入禁止になったため、釣りが出来なくなりました。 以前は、日立会瀬漁港の中で最も潮通しが良いことから、シーズンになると毎年多くの青物が回遊するポイント。赤灯台のある先端付近には外洋側にもテトラがなく、ここが日立会瀬漁港の超一級ポイントでした。他にも、途中にある特に外洋向きに突き出しているテトラからの釣りがおすすめで、かなり粗い根が入っているため、青物以外にもシーバスやチヌ、メバル、カサゴ、アイナメなどの実績があるポイントでした。

3.南側から伸びる短い防波堤周り

テトラがなく車を横付けして釣りをすることが出来、足場も良いことからファミリーフィッシングに向いたポイントです。 港内では、シロギスやカレイ、アイナメなどが釣れるため、ちょい投げ釣りやサビキ釣りなどの釣り方が人気です。 ただし、先端側には小規模な突堤が2本入っており、こちらはストリートビューからも分かる通り、手前にある短い突堤は岩場になっています。 この奥にあるもう一本の堤防がおすすめのポイント。先端からは、シーバスやヒラメなど、大型の魚を狙う釣り人が多く、潮通しの良さも赤灯台周りとほとんど変わらないためかなり有望。他には、サヨリの回遊が多いことでも知られており、専門で狙う釣り人もいます。

4.日立会瀬漁港に隣接する防波堤

こちらは比較的長い堤防で、日立会瀬漁港に隣接する砂浜を挟んだ位置にあります。全面がテトラに覆われており、砂浜は遠浅の地形です。 出来る限り外洋側で釣りをするようにしましょう。テトラ周りにも、チヌやソイ、カサゴ、アイナメなどが居ついているため、穴釣りやフカセ釣りで実績があるエリアです。 以上のことから、ファミリーフィッシング向けとはとても言い辛いポイントが多い一方、釣りが可能なエリアは多くあるため、是非チャレンジしてみたい釣り場です。
ポイント名 日立会瀬港
住所 〒317-0076 茨城県日立市会瀬町1丁目1−8
交通 電車・バス:JR常磐線「日立駅」より徒歩20分
車:常磐自動車道「日立中央IC」より約15分
駐車場 あり
トイレ あり
コンビニ 調査中
飲食店 調査中
釣具店 あり
ファミリー 向いている
向いているポイントとは、周辺設備+ライトなタックルで釣れる魚がいるかで判断しています。
禁止エリア 一部エリアで釣り禁止、または立入禁止



日立会瀬港で釣れる魚
エゾアイナメ(ドンコ)、イワシ、アイナメ、チヌ、シーバス


初心者・ファミリーフィッシング向けの解説
ファミリーフィッシングでは右堤防の護岸が車を横付け出来るため、ちょい投げ釣りなどを楽しむことが出来ますが、このポイントは水深がそれほどないため釣果が期待出来ないことから、ファミリーフィッシング向きとは言いづらいです。

赤灯台がある堤防の先端部分では、テトラや敷石もないため初心者やファミリーフィッシングでも釣りがしやすいポイントです。港内ではハゼやシロギス、冬場はカレイなども狙うことが出来ますが如何せんトイレや駐車場から遠いのがネックです。それであれば、サーフからキスやヒラメ、マゴチを狙った釣りなどを楽しんでもいいでしょう。
上級者向けの解説
潮通しがいい割に足場の良い左堤防(赤灯まわり)や右堤防はかなりおすすめのポイントです。更にいくとその右の突堤もありますが、こちらは全面がテトラに覆われているため非常に釣りがし辛い上に危険です。しかし、アイナメやメバル、カサゴといった根魚も釣れるためしっかりと準備した上で釣行するようにしましょう。
サーフからフラットフィッシュ(ヒラメ・マゴチ)を狙った釣りも人気があるため、是非一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?
日立会瀬港付近の釣り場
注目の釣り場
淡輪漁港
横十間川(天神橋自然魚釣場)
人気のブログ
12月もランカー便は絶好調!遂に釣りあげた念願のランカーシーバス!
ボートシーバス初心者が送る、ランカー便でシーバスを釣れるようになるまで
人気の講座
【2022年版】本気で釣りたいならこれを持っていけ!最強バチ抜けルアー5選
ウェーディングを覚えれば釣り場の数は無限大!必要なものを揃え、いざ釣り場へ出かけよう!
注目の聖地巡礼
TVアニメでも話題になったOPテーマ「廻廻奇譚」を舞台にした「聖地巡礼」スポットをストリービュー付きでご紹介!
鬼滅の刃ファンなら一度は訪れてみたい「登場キャラクターの出身地」を聖地巡礼してみませんか?
東京卍リベンジャーズ【1巻】