【茨城県】茨城港でファミリーから上級者まで人気の釣り場「日立会瀬港」で釣れる魚や釣り方、釣り禁止情報など徹底解説!

基本情報

茨城県にある日立会瀬港は、釣りが出来るポイントが多く魚種も豊富ですが、ファミリーフィッシングや初心者は少し釣り辛い釣り場です。 釣りが出来るエリアは大きく分けると以下4つあります。 ・北側から伸びる長い防波堤(赤灯台):先端のみテトラがない。遠い ・南側から伸びる短い防波堤:テトラがなく車も横付けが可能 ・港の南西にある防波堤:全面がテトラ ・港の南西にある砂浜:遠浅で全面が砂地 以上のことから、ファミリーフィッシング向けとは言い辛いのですが、慣れてきた上で安全面に最大限気を付けて釣行いただければ幸いです。
ポイント名 日立会瀬港
住所 〒317-0076 茨城県日立市会瀬町1丁目1−8
交通 電車・バス:JR常磐線「日立駅」より徒歩20分

車:常磐自動車道「日立中央IC」より約15分
駐車場 あり
トイレ あり
コンビニ 調査中
飲食店 調査中
釣具店 あり
ファミリー 向いている
向いているポイントとは、周辺設備+ライトなタックルで釣れる魚がいるかで判断しています。
禁止エリア 一部エリアで釣り禁止、または立入禁止



日立会瀬港で釣れる魚
エゾアイナメ(ドンコ)、イワシ、アイナメ、チヌ、シーバス


初心者・ファミリーフィッシング向けの解説
ファミリーフィッシングでは右堤防の護岸が車を横付け出来るため、ちょい投げ釣りなどを楽しむことが出来ますが、このポイントは水深がそれほどないため釣果が期待出来ないことから、ファミリーフィッシング向きとは言いづらいです。

赤灯台がある堤防の先端部分では、テトラや敷石もないため初心者やファミリーフィッシングでも釣りがしやすいポイントです。港内ではハゼやシロギス、冬場はカレイなども狙うことが出来ますが如何せんトイレや駐車場から遠いのがネックです。それであれば、サーフからキスやヒラメ、マゴチを狙った釣りなどを楽しんでもいいでしょう。
上級者向けの解説
潮通しがいい割に足場の良い左堤防(赤灯まわり)や右堤防はかなりおすすめのポイントです。更にいくとその右の突堤もありますが、こちらは全面がテトラに覆われているため非常に釣りがし辛い上に危険です。しかし、アイナメやメバル、カサゴといった根魚も釣れるためしっかりと準備した上で釣行するようにしましょう。
サーフからフラットフィッシュ(ヒラメ・マゴチ)を狙った釣りも人気があるため、是非一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?
注目の釣り場
平潟港(平潟漁港)
大津港
人気のブログ
ショートロッダーもやし爆誕
進撃のもやし、センメイ塾卒業のお知らせ。
人気の講座
【初心者必見】PEラインを使う理由!向いている釣りを徹底解説
【東京湾奥運河のド定番】誰でも釣れるミニエントの使い方・操作マニュアル