【高知 吉川漁港】~シーバス・チヌ・アオリイカ・ヒラメ・アカメ・クエなど~

ポイント紹介
スポンサーリンク

基本情報

高知県香南市の物部川河口に位置する「吉川漁港」は、東西に波止がありそこから釣りをすることが出来、比較的足場も良いため初心者~上級者まで幅広く楽しむことが出来る。

港内は比較的穏やかで、外洋側は潮回りが良い。大物を狙うなら港内よりも外洋向きの方が狙いやすいが、秋になると港内に多くのアジ(時期によっては40cmクラスも釣れる)が回遊してくるため、それを狙ったアカメやクエまで港内に入り込んでくることがある。

意外な大物も狙うことが出来るため、一本は落とし込み用の竿を用意すると良い。

吉川漁港釣り場紹介

© OpenStreetMap contributors

ポイント名 吉川漁港
住所 高知県香南市吉川町吉原
交通 車釣行のみ。
駐車場 あり
トイレ なし
釣り具屋 なし
飲食店・コンビニ なし
混雑具合 ほぼ混まない
安全性(※1)
水深 手前は3-5m前後
特徴 手前から深い場所が多いため、足元をしっかり探ると良い。
注意点 漁港関係者の迷惑にならないよう注意すること。

※1. 安全性とは?以下の観点で区分している。
・高:安全柵があるためかなり事故が発生し辛い場所。
・中:「安全柵が低い」「海面からの距離が近い」「救助用のはしごの設置がある」などの理由でまだ助かりやすい場所。基本的にライフジャケットは必須。
・低:安全性が中に比べ更に足場などが悪い場所。基本的には磯やテトラに乗らなければ釣りが出来ないなど、ライフジャケット以外にスパイクシューズなど更に安全面に配慮する必要がある。


周辺写真

なし

ポイント考察

基本は東側の長い波止が有望ではあるが、前記した通り港内にも大型のフィッシュイーターが入り込んでくるため、広く探る方が良い。

ただ、エギングやロックフィッシュ(カサゴ・メバル・クエなど)を狙うのであれば基本は東側。
ヒラメ・マゴチ・シーバスを狙うのであれば西側の波止からサーフを広範囲に攻めると良い。

また、秋になるとタチウオの回遊も多い。この時期になると西側は混みやすくなるため、その場合は西側で別のターゲットを狙っても良い。

波が荒い場合は基本的に西側の方が水流を受けにくいため釣りやすい。状況を見極めエントリーするポイントを決めると良い。

釣れる魚とおすすめのシーズン

狙う魚種毎におすすめのシーズンを考察した。

魚種・月 04 05 06 07 08 09 10 11 12 01 02 03
スズキ
黒鯛
メジナ
メバル
アオリイカ × × × ×
ヒラメ・マゴチ × ×
アカメ

他にはヒラスズキ・カサゴ・アカハタ・オオモンハタ・キス・アナゴ・タチウオ・ツバス・サゴシなどの釣果がある。

スズキ(シーバス)

一般的にシーバスの適水温は14~18℃、10~25℃くらいまでであれば十分釣りになる。11後半~2月後半までは産卵のため沖に出てしまうことから基本的に大型の個体は釣れない。3月後半に水温があがってくると産卵後の個体がエサを求めて沿岸部に戻ってくるため、この時期が一番大型の個体を狙いやすい。

アカメやヒラメ狙いで釣りをしていると良くかかる。物部川の流れを受けるため西側のサーフエリアの方がやや狙いやすい。

東側の外洋ではいいサイズのヒラスズキが回遊してくることもある。

黒鯛(チヌ)

一般的にチヌの適水温は15~25℃、10℃を切ると厳しいと言われている通り12~2月は狙うのが難しくなる。3月後半で水温があがってくると一転、かなり活性があがりシャローエリアにも姿を現す。このころに産卵を迎え、チヌの活性は非常に高く「のっこみ」と呼ばれる大型の個体を狙いやすいシーズンに入る。7月~11月に入ると非常に活性が上がってくるため数釣りを楽しむことが出来る。

外洋側の方がやや数は出るが、湾内にも多く入ってくる。

大型の実績もあり、落とし込みやフカセ釣り、ルアーやちょい投げにも積極的にアタックしてくるターゲットで、専門に狙う人も多い。

メジナ(グレ)

一般的にグレの適水温は12~26℃と言われ、寒い時期でも比較的釣りになる。冬場になると反応は悪くなるが、この時期のグレは「寒グレ」とも呼ばれ非常に美味。敢えて狙う人すら多い。

外洋側でフカセ釣りをしているとチヌと合わせて良く釣れる。

L字になっているあたりから良く釣れるため、専門に狙うのであればL字以降で潮がよくあたるポイントを狙うと良い。

オオモンハタ・アカハタ・クエ

アカハタは熱帯から温帯に生息する魚で、オオモンハタは温帯に生息する魚。

釣りのシーズンは夏が本番。ただし冬場でも釣れることは多々あり、通年狙うことが出来る魚としても知られる。

ハタ科の魚は成長が遅いため、小型の個体はリリースすること。

青物狙いのメタルジグやシーバス・ヒラメ狙いのバイブレーションやワームにも良く反応してくるため、専門に狙ってもよいが他の釣りものと合わせても良い。

アオリイカ

一般的にアオリイカの適水温は20~25℃前後と言われているが、冬の寒い時期でも釣ることは出来る。春に産卵のため沿岸の浅場によってくることから、4月~6月に大型の個体を狙うことが出来る。最盛期は9月~11月で小型にはなるが数を狙うことが可能。

プレッシャーが低いため良く釣れる。

シーズンになると外洋側の先端で多くのスミ跡を発見できるが、そこがポイントになる。秋は湾内にも小型のアオリイカを目視することが出来、サイトフィッシングのチャンス。

ヒラメ・マゴチ

一般的にヒラメとマゴチは同じような場所に生息し、釣れる時期もある程度被る傾向にある。適水温はヒラメは「18~20℃」マゴチは「20~22℃」と言われているがあまり季節に関係なく釣れる。

夏場のマズメ時にメタルジグやバイブレーションで狙うと良い。
一か所で粘るよりもベイトの群れを追いかけてテンポ良く釣りをすると数が出る。

アカメ

一般的にアカメは初夏~秋くらいまで釣れると言われるが、通年狙うことが出来る。

真夏はやや釣果が乏しいところもあるため、基本的には梅雨終わり~初夏・初秋~晩秋にかけて狙うと良い。他の釣りものの方が圧倒的に数が多いため、専門で狙うというよりは釣れたら運がいいと考えた方が良い。

ロックフィッシュを狙ったり青物・タチウオを狙っているとたまにかかる程度。専門で狙うほどは釣れないが、たまに大型もあがることからラインはやや太めにしておくと良い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました