【若洲海浜公園】都内から手軽にアクセス出来る人気の海釣り公園

ポイント紹介

都内から手軽にアクセス出来るため非常に人気の釣りスポット「若洲海浜公園」をご紹介します。

近くでゴルフやキャンプやBBQなど様々なアウトドアレジャー体験が出来るということもあり、釣り以外にも楽しむことが出来るため、ファミリー層からも非常に人気があるスポットです。

スポンサーリンク

アクセス

最寄り駅は特にないため、バス・車・自転車で現地に向かいます。

  • 住所:東京都江東区若洲三丁目
  • 行き方:東陽町駅前や新木場駅前からバス(新木場駅前経由・若洲キャンプ場前行き 約27分) 、付近には駐車場なども完備しています。

【キャンプ場・多目的広場・海釣り施設・サイクリングロードへお越しの方】
江東区立若洲公園駐車場(492台)をご利用ください。
利用時間:24時間・年中無休
料金 :普通車 1回 500円 大型車 1回 2,000円
※二千円札・五千円札・一万円札はご利用いただけません。
台数 :普通車492台(うち身障者用7台) 大型車6台
土日祝日は午前中に満車となり長時間お待ちいただく場合がございますのでご了承ください。
ゴミのお持ち帰りをご考慮のうえ、公共交通機関のご利用もご検討ください。

http://www.tptc.co.jp/park/03_07/access

後、利用時間については注意しましょう。後で説明する「B.人工磯」「C.キャンプ場前護岸」は24時間利用することが可能ですが、メインとなる「A.海釣り施設」は6時~21時までしか利用することが出来ません。

ターゲット

環境の回復などを目的にした場所であることから、非常に多種多様な魚を狙うことが出来ます。

マハゼ、シーバス(スズキ)、アイナメ、カサゴ、メバル、アナゴ、クロダイ、カタクチイワシ、サッパ 、サヨリ、イシモチ(6~8月が狙い目)、マコガレイ、ボラ など

ポイント紹介

若洲海浜公園は大きく分けると以下3つのポイントに分けることが出来ます。

若洲海浜公園エリア全体

【注意事項】
台風19号の影響により、施設に大きな被害がでているため、「A. 海釣り施設」は当面の間、閉鎖されています。 「B. 人工磯」の奥は立ち入り禁止です。絶対に入らないようにしてください!

若洲海浜公園の周りは全体的にかけあがり(岸から15mくらいが目安)になっているため、ちょい投げがおすすめです。お子さんでも少し練習すれば簡単に15m程度は飛ばすことが出来るため、このあたりがファミリーフィッシングに向いているポイントであると言えます。

A. 海釣り施設(※閉鎖中)

ポイントの特徴としては、長い堤防にケーソンの繋ぎ目があり多種多様な魚がついています。

堤防

堤防の真ん中以降は基本的に砂地になりますので、イシモチやカレイなど狙うことが出来ます。(投げ釣りは禁止されているため、振りかぶってのキャストは控えてください)

堤防の真ん中まで先端側「堤防のへち」が狙い目です。意外に大型の魚もでるため入念に探るといいでしょう。(とは言え写真からも分かる通り大人気なので釣り歩くのは難しいかもしれません・・・)

出来れば先端側の方が釣れるため、朝早く出掛けることが出来た方は先端に釣り場を確保してみてくださいね!

B. 人工磯

まずは航空写真を確認してみましょう。

出典元:国土地理院撮影の空中写真

「C. キャンプ場」とは違い、こちらは荒川の影響を受けるポイントになっています。

そのため、荒川で良く釣れる大型の「スズキ(シーバス)」や「クロダイ(チヌ)」などに加え、人工磯にはハゼが良くついているポイントです。

ルアーで大型の魚を狙うのはこちらの方が有利ですが、ハゼ釣りのファミリーなどがいる場合は注意しましょう。一応投げ釣りは禁止されていないため問題ありませんが、周りへの配慮は常にしておいて損なしです。

C. キャンプ場前の護岸

※航空写真はAのものを参照してください。

こちらは荒川側とはうってかわり、やや根(シモリ)が入っているためそこに根魚(メバル・カサゴ・アイナメ・ソイなど)がついていることが多くあります。目の前にエサを通してあげれば比較的簡単に釣ることが出来ます。

ただし、根魚は美味しいのですが育つのが遅いため、最低でも15cmを超えるものだけキャッチするようにしてください。小さな魚を持って帰るのはただ単にポイントを場荒れさせる原因にもなりますので絶対にしないことを推奨しています。

ルールの徹底

若洲海浜公園の施設からも以下のように周知されているため、徹底しましょう。

【ルール・マナーについて】

  • 投げ釣りは禁止となっております。
  • 混雑時の竿出しは、お一人様2本までとさせていただきます。
  • 立ち入り禁止及び釣り禁止エリアでの釣りはおやめ下さい。
  • 海釣り施設・人工磯を含め、公園内での火の使用は禁止となっております。
  • 釣り具(仕掛けなど)は使い捨てにせず、必ずお持ち帰りください。
  • ゴミのお持ち帰りにご協力ください。
  • 受動喫煙へのご配慮をお願いします。

【人工磯での注意事項】

  • 海釣り施設のように利用時間や規制がないため、各自の責任においてご利用ください。
  • 岩場のため足場が悪く滑りやすいので十分ご注意ください。
  • 風の強い日や大型船が航行した直前直後は高波が起こりやすいので十分ご注意ください。
  • 天候の悪い日(雷・波浪・強風・突風など)は危険ですので近づかないでください。
  • ゴミのお持ち帰りにご協力ください。
  • 海釣り施設を含め、公園内での火気の使用は禁止です。
  • 喫煙所以外での喫煙は禁止されています。

まとめ

ルアーをやっている身からすると、「投げ釣りが禁止の釣り場=釣り禁止」のようなものなので海釣り施設を自分が利用する機会は非常に少ないのですが、このポイントは普段釣りをする運河などに比べ釣れる魚が豊富であることから非常におすすめは出来ます。

その分非常に人的なプレッシャーが高いので、朝早くからいかないとポイントに入れない・・・そもそも駐車場に車を止めることが出来ない・・・なんてこともありますので折角の休日が無駄にならないよう気を付けてください!

ルール・マナーは公式HPからも公開されている通り、是非そちらも合わせて確認していただければ幸いです。

それではルール・マナーを守って良き釣りライフを過ごしてみてはいかがでしょうか?

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました