【静岡県・清水港】富士見埠頭の釣り場(シーバス・チヌ・アオリイカなど)立入禁止有

ポイント紹介
スポンサーリンク

基本情報

静岡県折戸湾に位置する清水港の富士見埠頭に関するポイント解説、および釣れる魚やその狙い方などを解説していきます。 静岡市岸壁側よりはややライトなポイントですが、大半のポイントが立入禁止となってしまい、今では排水溝前の一部分でのみ釣りをすることが出来ます。
しかし、大型のチヌやアオリイカなどが釣れるため、ポイントとしてはおすすめです。

富士見埠頭

© OpenStreetMap contributors

ポイント名 清水港(富士見埠頭)
住所 〒424-0924 静岡県静岡市清水区清開3丁目10−134
アクセス 車:東名「清水インター」より。名古屋方面から2時間
電車(最寄り駅):新清水駅からバス利用15分ほど
駐車場
トイレ
釣り具屋 ミナト釣具店
〒424-0922 静岡県静岡市清水区日の出町1−1
TEL:054-352-8645
営業時間:10時30分~18時00分
飲食店・コンビニ セブン-イレブン 清水港町店
混雑具合 普通
安全性(※1) 中(足場はそれなりに良い、一部ガードあり)
水深 3~10m
特徴 港湾部によくアジが回遊してくるため、ベイトフィッシュを求めてシーバスやアオリイカが良く接岸する。排水溝や障害物があり、水深も非常に深いため大型の魚も回遊が期待できるポイント。
注意点 大半が立入禁止、係留されている船などに注意して釣りをすること。ポイントが狭いため、先行者がいる場合には無理をせず、折戸の運河筋でも大型のシーバスなどが釣れるためそちらに行くと良い。

※1. 安全性とは?以下の観点で区分している。
・高:安全柵があるためかなり事故が発生し辛い場所。
・中:「安全柵が低い」「海面からの距離が近い」「救助用のはしごの設置がある」などの理由でまだ助かりやすい場所。基本的にライフジャケットは必須。
・低:安全性が中に比べ更に足場などが悪い場所。基本的には磯やテトラに乗らなければ釣りが出来ないなど、ライフジャケット以外にスパイクシューズなど更に安全面に配慮する必要がある。

釣れる魚種とおすすめのシーズン

狙う魚種毎におすすめのシーズンを考察した。

魚種・月 04 05 06 07 08 09 10 11 12 01 02 03
スズキ
黒鯛
アオリイカ × ×
ロックフィッシュ(カサゴ・ムラソイ・メバル) × ×
アジ

他にはメジナ(グレ)・ハゼ・ベラ・カワハギなど。非常に魚種は豊富。

スズキ(シーバス)

一般的にシーバスの適水温は14~18℃、10~25℃くらいまでであれば十分釣りになる。11後半~2月後半までは産卵のため沖に出てしまうことから基本的に大型の個体は釣れない。3月後半に水温があがってくると産卵後の個体がエサを求めて沿岸部に戻ってくるため、この時期が一番大型の個体を狙いやすい。

水深があるため、基本的にはシンキング(特にバイブレーションやメタルジグ)を使い狙うのがよい。しかし、ベイトがハクの場合もよくあるためボイルしているようであればフローティングを使った方がよい場合もあるため多少用意しておく必要がある。

黒鯛(チヌ)

一般的にチヌの適水温は15~25℃、10℃を切ると厳しいと言われている通り12~2月は狙うのが難しくなる。3月後半で水温があがってくると一転、かなり活性があがりシャローエリアにも姿を現す。このころに産卵を迎え、チヌの活性は非常に高く「のっこみ」と呼ばれる大型の個体を狙いやすいシーズンに入る。7月~11月に入ると非常に活性が上がってくるため数釣りを楽しむことが出来る。

非常にチヌの魚影が濃いポイントではあるが、多くの釣り人がチヌを狙っているため中々難しい。周りの状況をよく観察し、他の人がやっていない釣り方や餌を使うことで簡単に釣れることもある。
特定の釣り方に拘らず、幅広い攻め方をすることが重要。

アオリイカ

一般的にアオリイカの適水温は20~25℃前後と言われているが、冬の寒い時期でも釣ることは出来る。春に産卵のため沿岸の浅場によってくることから、4月~6月に大型の個体を狙うことが出来る。最盛期は9月~11月で小型にはなるが数を狙うことが可能。

隣の静岡市岸壁よりは浅いことから、通常のエギングタックルで狙うことも可能。
釣って楽しい、食べて美味しいため専門に狙うアングラーも多い。

アジ

一般的にアジの適水温は16~20℃前後と言われているが、冬の寒い時期でも活性が低いなりに釣ることが出来る。釣りやすい時期は5月~11月頃まででサビキや小型のワーム、メタルジグなどで狙うと良い。12月や1月頃までは釣れることはあるが、この時期は大型の個体を狙う釣りになるため潮通しがいい水深のあるエリアが有利。

釣り場の至る所でサビキやワームでの釣りでかなりの数を釣ることも出来るが、先行者や船のロープなどに引っ掛けてしまう恐れがある。回遊も多いため周りに配慮をしながら釣ることを心掛けること。

コメント

タイトルとURLをコピーしました