【釣りガールもやし】はじめてのSLS~スーパーライトショアジギング~ 湘南ワカシ編

もやしの釣りブログ

シーバスタックルで青物が気軽に釣れちゃうですって?!
初心者にやさしいはずのバチ抜けシーバスに振り回され、疲れ果てたもやし。
虚しさのあまり、湘南に住む青物のもとへ浮気に走りました。
…これで釣れなかったら再起不能かも

スポンサーリンク

釣行日時

  • 日時:2020/6/20 8:00〜14:00
  • 潮:大潮
  • 天気:晴れ
  • 場所:江ノ島
  • 気分:バカンス気分でテンション高め

シーバスタックルで青物を狙う

スーパーライトショアジギング(通称SLS)なる釣りがあるらしい。
なんと、いつものシーバスタックルをそのまま流用できちゃうらしい。
普段のセットに10〜20gのメタルジグをプラスするだけで、おいしい青物が気軽に釣れちゃうらしい?!

私が愛用しているのは、ダイワのテレスコロッド「モバイルパック866ML」。MAXウェイトは28gだから、まさにSLSにぴったり。

行きましょう、青物。
振り向いてくれないシーバスなんてもう知らない。

実はもやし、ワカシ(ブリの幼魚)は以前に1度釣ったことがあります。
その時は、キャスト練習をしようとルアーを急いで回収していたらまさかのチビ介がヒット。

ただ全力で巻いただけで釣れるとは。

事故的なヒットながら、日中の高速巻きの威力を身をもって体験したのでした。

今回は偶然を必然に変えるべく、本気でワカシを狙いに行きます。

大都会の喧騒から逃れ、青い空の下、気持ちのよい湘南の風に吹かれながら、リゾート気分で癒される予定。
雨予報だったけれど、朝起きると綺麗な空が広がっていました。

これは幸先いいね!

時合い逃しからの巻き返しなるか?

前回来た際に、釣り場のベテランさんから「ここの時合いは朝5時ごろだよ」と教わりました。

始発が出るのが5時だよ。

気合いを入れて前のりを決め込みたいところですが、仕事の関係で終電に間に合わず。
時合いをみすみす逃してのスタート。
こういう時、マイカーがないのは辛い。せめて原付が欲しいなぁ…

はやる気持ちを押さえつつ、釣り場までの長い道のり(駅から徒歩30分)を急ぎます。
坂道でぜぇぜぇ息を切らしながらなんとか磯場まで到着。

さすがは青物の有名ポイント、釣り場はすでにルアーマンでいっぱい!

これは朝まずめ組がお帰りになるまで磯遊びかしら…、なんて思っていたら、まるで私を待っていたかのように、ぽっかりと1か所だけが空いている。

今日のもやしはツキにツイている

この水平線を見ているだけで癒される(到着時はそれどころじゃなかったので後日撮影)

追いかけてくるのに食わない、だと?

準備をしている間にお隣さんがさっそく25cmほどのワカシくんをゲット。

おおっ、もしや時合い逃してないんじゃない?

一気にテンションMAX。

慌てて準備を整え、私もさっそくキャスト。
魚のサイズが小さいので、ジグも小さめがよさそう。
選べるほど持っていないけれど、手持ちの最小ジグ、ジグパラマイクロの15gをチョイスする。

しらすの名産地だけに、ここはシラスカラーで。見ているだけでも釣れそうである。

前回釣れた時を思い出しながら、(必死で巻いてただけ)、シャカシャカシャカとロッドの先を揺らしつつ表層を早巻き。

すると、ワカシらしきお魚たちが、楽しそうにうちの子を追いかけてくるではありませんか!

はじめて見るチェイスにテンションギガMAX。

これはイケる…!

期待に胸を弾ませながら、何度もキャストをくり返す。

……おや?
何度やっても追いかけてくるだけで食べない。

???
なんでだ?

悩めるもやしをよそに、お隣さんは小さなジグを使い、ぽつぽつとコンスタントに釣り上げていく。

おかしい、こんなはずでは。

反対隣は、コアマンのVJ16でヒット。

両隣が釣れているのに自分だけが釣れない。
ふいに悲しみが押し寄せてくる。
湘南の青物まで私をもてあそぶの…?

小さなメタルジグと大きめのワーム…
お隣さんたちの全く異なるルアーチョイスがさらに私を混乱させる。

共通点が分からない…
何をどうすればいいんだ!?

赤系カラーに軍配?

答えが見つからないまま、見切られるルアーを変更することに。お隣さん達はピンクホロとアカキンを使っているようなので、もちろん便乗する。

こんなよく晴れた日にアカキンねぇ…

余計に見切られそうな気がするが、隣で釣れているのだから固定概念は無視しよう。柔軟になるのだ。

えいっ

……………

………

……

釣れん!

アカキンに変えてからチェイスすらされなくなったよ。前進じゃなくて後退してない?

ううーむ…、
悩みながらキャストしたらすっぽ抜ける。
ご迷惑にも、お隣さんとお祭りしてしまった。

このお隣さん、見ているだけでも惚れ惚れしてしまう華麗なるキャストの持ち主。学生さんなのに釣り歴はすでに15年超えという大先輩だ。

ここは恥を忍んで勇気を振り絞ってみようか…

「お祭りして本当にごめんなさい。あ、あの、とてもよく釣られてますね」

「魚のサイズが小さいから、小さなジグが釣れます。僕は10gを使ってますよ」

「(おおっ、無口で怖そうだったけどすごく良い人だ) そんなに軽いのを使われてたんですか。色も結構目立ちますね」

「色は関係ないです」

食い気味に言い切られた。
じゃあ何が違うんだろ…

「大きくシャクるより、細かくシャカシャカやるほうが今日はいいですよ」

なんて的確なアドバイス…!
優しい…、ありがたや…
お年頃の先輩は、金言を授けると竿を置いて逃げていってしまった。

照れてるのかな(迷惑だったのでは)

タナを探って見事初ゲット!

お年頃の先輩の教えに従い、竿の動きを控えめにシャカシャカやってみる。

ううーん、イマイチ反応ないなぁ。

巻きスピードを変えてみるも効果なし。
そこで、カウントダウンを入れてみることに。

まずは底まで落としてみる。

うむ、
流れが速いせいか着底がまるで分からぬ。

諦めて何度かシャクってから待つ。

……トンッ。
お、よかった。着底した。

そこから、シャカシャカ。

………、
よし、次。

20秒、15秒と5秒刻みに沈める時間を変えてみる。

ガツン!!!

10秒カウントしたところで、待望のヒット!

ひったくるような気持ちのいいアタリ!

ここぞとばかりに大袈裟に合わせを入れる。

小物と言えども容赦せんぞ。

ラインを緩めないようにグリグリ巻いてくると、キラリと光る美しい魚体が…!


やったーーー!
久しぶりにお魚釣れたよー!!!

上がってきたのはかわいいサイズのワカシちゃん。
小さいくせに一丁前にブリの色をしている。

すごく綺麗…、見るからにおいしそう。

「釣れた」じゃなくて「釣った」というはじめての感覚に感動でいっぱい。

自分でタナ見つけたもんね!
ルアーチョイスも自分でしたもんね!

(アドバイスは大いにいただいたけれども)

ヤダ、また釣れない日記を書こうと思ったのに釣っちゃったよ。
どうしよう、面白くないじゃないの。

あー、ニヤニヤが止まらない。
めちゃくちゃ嬉しい!

ナブラ打ちで祭りに突入

ここから、もやしの快進撃が始まった。

同じように10秒カウントで見事に連続ゲット

ナブラが立ったら、そこを目がけて投げれば面白いように釣れる

……、

もはやどのジグを投げても釣れる。

ワカシを避けようとボトムを引いても釣れる。

挙げ句の果てには、フロントとリア両方のフックで同時に釣れる

サビキかよ。

友人のエビ形ジグでもダブルヒット。

なんだこれ、ウルトライージーゲームだ。

もちろん周りも大爆釣。
お年頃の先輩に至っては「もう飽きた…」とアンニュイにつぶやくほどに釣りまくっている。

めちゃくちゃ楽しいけど、なんか有り難みがなくなってきたな。
どこに投げても釣れちゃうや。

バラシの恐怖は相変わらず

そんなこんなであっさり20尾ゲットしてしまい、今回はお勉強というより、ただただ楽しい時間を過ごしました。バカンス大成功!

サビキ以外でこんなに釣ったのは初めて。

SLS恐るべし…、
「気軽に狙える」というキャッチフレーズは伊達じゃなかったぜ。

ワカシ大量ゲット。1匹混ざったサバを探せ!(ウォーリー風)

でもやっぱり引っかかるのが、バラシの多さ。
周りの人に比べ、相変わらず1人だけやらかしていました。
半分ぐらいまで引いてきた時にふっとロッドが軽くなったり、水面から上げるとポロリと落ちたり。

どうにもフッキングが甘いみたい。

チビにも容赦なく合わせを入れて、竿もしっかり立ててるつもりなんだけどなぁ?
何がいけないんだろう。
この宿題は、湾奥シーバスまで持ち越しのようです。

リフレッシュもしたことだし、来週からまたコンクリートジャングルでシーバスと闘うぞー!

もやし なお

情報収集大好き。知識に技術が追いつかない釣り1年生。
エビ食べ放題の夢を叶えるべく、テナガエビ釣りをはじめる。外道でかかったハゼの天ぷらに感動し、魚を狙いだすもイソメの香りにKO。彼と決別すべく、一念発起してルアーの世界へ。以来、シーバスの勇ましい姿に惚れ込んでいる。

もやし なおをフォローする
もやしの釣りブログ 釣行ブログ
スポンサーリンク
もやし なおをフォローする
Japan Culture Map

コメント

タイトルとURLをコピーしました