【愛知県三河湾】豊丘港の釣り場

基本情報

愛知県三河湾の知多半島の「豊丘港」は、豊浜の手前にあり、見過ごされがちな小さな漁港です。静かで穴場の釣り場と言われています。堤防の先端が複雑な地形となっているため、チヌやシーバスが居ついています。 釣り場の水深は全体的に浅く、主にハゼが釣れます。堤防から沖方向の投げ釣りは、キスを狙えるものの、定置網やテトラポットが邪魔になり投げにくい条件です。なお、豊丘港にはトイレがありませんので、到着前に済ませておきましょう。
ポイント名 豊丘港
住所 〒470-3411 愛知県知多郡南知多町大字豊丘東浜34−1
交通 電車・バス:名鉄河和線「河和駅」から海っ子バス〔師埼港行〕「山田」下車

車:南知多道路「南知多IC」より10分
駐車場 あり
トイレ なし
コンビニ あり
飲食店 調査中
釣具店 あり
ファミリー 調査中
向いているポイントとは、周辺設備+ライトなタックルで釣れる魚がいるかで判断しています。
禁止エリア 調査中



豊丘港で釣れる魚
シロギス・メバル・クロダイ・ハゼ・カレイ・アジ・カサゴ・アイナメ・スズキ・チヌ


初心者・ファミリーフィッシング向けの解説
足場はそれほど悪くなく、お子さんを連れてのファミリーフィッシングにも向いていますが、トイレがありません。
上級者向けの解説
冬はメバルやアイナメが食ってくるため、釣り場を渡り歩く時に寄ってもいいでしょう。テトラの際と沈んでいるテトラを狙い、ブラクリ仕掛けなどを落としこみます。
注目の釣り場
平潟港(平潟漁港)
大津港
人気のブログ
ショートロッダーもやし爆誕
進撃のもやし、センメイ塾卒業のお知らせ。
人気の講座
【初心者必見】PEラインを使う理由!向いている釣りを徹底解説
【東京湾奥運河のド定番】誰でも釣れるミニエントの使い方・操作マニュアル