【静岡県・駿河湾】吉田港の釣り場(シーバス・チヌ・ヒラメ・キス)※立入禁止有

ポイント紹介
スポンサーリンク

基本情報

静岡県駿河湾に位置する吉田港のポイント解説、および釣れる魚やその狙い方などを解説していきます。以前は70cmアップのシーバスや年無しのチヌ、ヒラメなども良く釣れるポイントとして多くの釣り人で賑わっていましたが、マナーの悪さから堤防部分は全面的に立入禁止となってしまいました。

吉田港

© OpenStreetMap contributors

ポイント名 吉田港(よしだこう)
住所 〒421-0301 静岡県榛原郡吉田町住吉5436−864
最寄り駅 藤枝駅から車で30分ほど
駐車場
トイレ
釣り具屋 庄司釣具店(〒421-0301 静岡県榛原郡吉田町住吉5435−35)
飲食店・コンビニ ローソン 吉田町住吉南店(〒421-0301 静岡県榛原郡吉田町住吉3708−1)
混雑具合 少ない
安全性(※1) 中~低
水深 約1~3m程度
特徴 外洋に面した堤防は足場が高い上に悪く、夜間は非常に危険なため注意。テトラはあるものの基本的には砂地が多い。湯日川の河口に位置するため汽水域となるためシーバスやチヌが良く釣れる。
注意点 立入禁止は特にないが、テトラや足場が高いため非常に危険なことから安全第一で行うこと。

※1. 安全性とは?以下の観点で区分している。
・高:安全柵があるためかなり事故が発生し辛い場所。
・中:「安全柵が低い」「海面からの距離が近い」「救助用のはしごの設置がある」などの理由でまだ助かりやすい場所。基本的にライフジャケットは必須。
・低:安全性が中に比べ更に足場などが悪い場所。基本的には磯やテトラに乗らなければ釣りが出来ないなど、ライフジャケット以外にスパイクシューズなど更に安全面に配慮する必要がある。

釣れる魚種とおすすめのシーズン

狙う魚種毎におすすめのシーズンを考察した。

魚種・月 04 05 06 07 08 09 10 11 12 01 02 03
スズキ
黒鯛
アジ
キス × ×

他にもカサゴ・シマイサキ・ヒラメ・マゴチ・ソウダガツオ・イナダなどが良く釣れる。

スズキ(シーバス)

一般的にシーバスの適水温は14~18℃、10~25℃くらいまでであれば十分釣りになる。11後半~2月後半までは産卵のため沖に出てしまうことから基本的に大型の個体は釣れない。3月後半に水温があがってくると産卵後の個体がエサを求めて沿岸部に戻ってくるため、この時期が一番大型の個体を狙いやすい。

河口部はワンドになっており、また橋脚がかかっていることもあり複合ポイントと言える。ベイトフィッシュの遡上があればかなりチャンスだ。

黒鯛(チヌ)

一般的にチヌの適水温は15~25℃、10℃を切ると厳しいと言われている通り12~2月は狙うのが難しくなる。3月後半で水温があがってくると一転、かなり活性があがりシャローエリアにも姿を現す。このころに産卵を迎え、チヌの活性は非常に高く「のっこみ」と呼ばれる大型の個体を狙いやすいシーズンに入る。7月~11月に入ると非常に活性が上がってくるため数釣りを楽しむことが出来る。

漁港内でもテトラ帯でも反応がある。比較的水深があるポイントなので、足元を積極的に攻めると好釣果に繋がるのに加え、良くグレが釣れるため面白い。

アジ

一般的にアジの適水温は16~20℃前後と言われているが、冬の寒い時期でも活性が低いなりに釣ることが出来る。釣りやすい時期は5月~11月頃まででサビキや小型のワーム、メタルジグなどで狙うと良い。12月や1月頃までは釣れることはあるが、この時期は大型の個体を狙う釣りになるため潮通しがいい水深のあるエリアが有利。

港内でサビキやワームでの釣りでかなりの数を釣ることが出来るが、サイズはやや小さめ。本命はアジを餌に泳がせ釣りで狙うシーバス、ヒラメなど。

キス

一般的にキスの適水温は15度〜25度前後と言われており、特に20度〜25度くらいが一番活性が高い。産卵期は6月〜10月頃で複数回(ピークは7月〜8月)に分けて行う。この際に水深が浅い沿岸部に接岸するため狙いやすい時期と言える。

漁港内でも狙うことは出来るが、外洋であれば夜釣りではかなり大型(25~30cm級)が混じることから、サイズを狙うのであれば外洋側の方が有利。昼間でも20cm前後は非常に良く釣れる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました