【重要】静岡県東伊豆エリアの「釣り・磯遊び・潮干狩り」の禁止事項

ポイント紹介

静岡県東伊豆の釣り場をご紹介させていただくにあたり漁業権を確認したところ、近年人気のエギング(イカ釣り)に【宇佐美地区・伊東地区・川奈地区・富戸地区・八幡野地区・赤沢地区】において重要なルールがあったためご紹介させていただきます。

また、この記事では釣りをしていると意図せず冒してしまいそうなルールについても合わせてご紹介させていただきます。

※2020年8月に作成された記事になるため、最新の情報を確認する場合は いとう漁業協同組合(HP を確認してください。

今回ご紹介させていただくルールを守らないと、最悪の場合刑法で裁かれること(懲役 or 罰金)になるため、「このエリアで釣りをしてみたい」という方は是非事前に確認しておきましょう。

それでは本題です。

スポンサーリンク

エギングには釣り禁止があった!?(イカ釣りの禁漁制度について)

これは他都道府県では中々聞いたことが無いルールです。そのため、遠征にきた方はしっかり確認しておくことが重要です。

ポイントは3つ、①イカの種類②期間③場所です。

対象

まず、対象となるイカの種類からみていきましょう。

いか類採捕禁止について

とあるため、よく釣れるターゲットとしてはアオリイカヤリイカですが、実質どのイカ(例、タルイカやスルメイカなど)が釣れた場合でも同様です。

ヤリイカはあまりイメージにないかもしれませんが、実際東伊豆は多くの堤防から狙うことが出来ます。主に冬に産卵のため接岸し、伊豆半島の各地でフィーバーを起こす人気ターゲットです。

禁漁期間について

では、「東伊豆でエギングをしてはいけないか?」と言えばそうではありません。禁漁期間を守ればもちろんイカを釣っても全く問題ありません。

【禁止期間ならびに漁法(釣り方)】
4月1日~9月30日までの間すべての漁法を禁止。

理由としてはイカの産卵を保護・培養する目的で制定されています。

漁業関係者の方からしたら、産卵のために接岸する大型のアオリイカ(通称「春イカ」)に向け、産卵場所となるブロックなどを設置するなどの活動を行っています。(基本はボランティア)

もちろん自分たちの生活のために行っている活動とは思いますが、そんな大型のアオリイカを釣られ、食べられてしまってはたまったものではありませんよね?

だからこそ、このルールは必ず守りましょう!漁業関係者のおかげで良く釣れる場所になっているのは事実なので。

場所

最後に場所です。6か所あるため事前に確認しておきましょう。

宇佐美地区(宇佐美漁港)

宇佐美地区採捕禁止区域

伊東地区(伊東港・新井堤防・東防波堤)

伊東地区採捕禁止区域

川奈地区(川奈港・小網代防波堤)

川奈地区採捕禁止区域

富戸地区(富戸漁港)

富戸地区採捕禁止区域

八幡野地区(八幡野漁港・前ノ島)

八幡野地区採捕禁止区域

赤沢地区(赤沢漁港)

赤沢地区採捕禁止区域

エリアとしては6つですが、対象に複数ポイントある場合もありますので注意してください。

夜間はタモを使えない!?磯遊びや潮干狩りにもルールがある

これも結構びっくりするルールですが、夜間のタモ入れが禁止されています

正確に言えば、タモがダメというよりもタモを使う際に「夜間灯りを使用してはならない」とあるため、タモを使うのが難しいことが理由です。そのため、常夜灯の下などであれば視認性もあがるためタモ入れも可能、灯りを使わなくて済むためタモを使っていいという解釈で問題ないでしょう。

私も初めて知った時は正直驚きました。参考までに抜粋したものを載せておきます。

非漁民漁具、漁法の制限

こちらを確認すると、釣りで言えば「さっかけ釣り(恐らく引っ掛け釣りの間違いでしょう)」と「まき餌釣り」が禁止になっています。引っ掛け釣りは河口でボラ釣りをしている人以外見たことがないので一旦おいておきますが、「まき餌釣り」が気になりました。

【まき餌釣り】
サビキ釣りではサビキカゴに入れて使い、チヌ釣りなどではまぜた撒き餌を杓(しゃく)と呼ばれるひしゃくを小さくしたような道具で仕掛けを投下する付近に投げる。

つまり、撒き餌を使ったフカセ釣りファミリーフィッシングで大人気のサビキ釣りが禁止されているのです。これは伊東エリア全般に言えるため注意してください。
※もちろん釣具屋には売っていますが、この辺りで釣りをする場合は購入しないでください。

その他で言えば、チヌ釣りでメジャーなダンゴ釣り関西で主流のエビ巻き釣りも同様にアウトと解釈した方が良さそうです。

地磯があり、しかもメジナ(グレ)がついているためこれは残念なルールですが仕方ないでしょう。ちゃんとルールを守らないといつか本当に釣りが出来なくなってしまうので。

最後のルールは、各都道府県にもある「採捕してはいけない魚種」を確認しておきましょう。

いせえび、 なまこ、 あわび、 さざえ、 とこぶし、 のり、 てんぐさ、 かじめ、 あらめ、 とさかのり、 ふのり、 わかめ、 つのまた、 はばのり、 たこ、 はまぐり、 ばていら、 うに、 あさり、 かき、くぼがい、 くまのこがい、 ひじき

伊勢海老ナマコは釣りをしているとたまに釣れますが、基本的には持ち帰りNGなのはご存じかと思います。(中には伊勢海老を狙っている人もいますが、完全な犯罪です)

後、気を付けなければいけないのがタコです。釣りで有名なのはマダコイイダコでしょうが、タコとあるためどちらもNGだと考えて問題ありません。

近年タコ釣りはオクトパッシングなどとも呼ばれ(何でも横文字付けたがる癖、何とかなりませんかね?完全にメディアが煽ってるだけだと思います)人気のターゲットです。ちょっとやってみたかった・・・では済まされない行為ですので、絶対にやめましょう。

まとめ

以上で東伊豆エリアの「釣り・磯遊び・潮干狩り」の禁止事項を解説しました。

この記事を書いた現在(2020年8月)は夏真っ盛り!
東伊豆に「釣りで遠征してみたい」方や「何かするついでに釣りや磯遊び、潮干狩りをしてみたい」方は数多くいらっしゃると思いますが、ルールはルール。ちゃんと守って漁業関係者の方々に迷惑をかけないよう注意してください。

もちろん、アウトドアの基本である「静かに・綺麗に・楽しむ」ことは忘れないでください。

それでは良き釣りライフ、アウトドアライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました